自立学習と答え合わせ

勉強法

サンライズでは、小3から

自分で答え合わせをさせます。

自分で答え合わせができない子というのは、

間違っているのに正解としている場合が多いです。

でも、本当は

「合っているか、間違っているか、よくわからない」

というのが原因のようにも思います。

これでは、きちんと勉強しているとは言えません。

自分でできないならと、大人が答え合わせをやってしまうと、

いつまでも自分で答え合わせができないでしょう。

原因はそこではないから。

間違えているのに〇をしたところを、

「なぜこれは〇なのか?」

と問うとよいでしょう。

理解していない子や、

乱暴な丸付けをしている子は、

答えられないはず。

手助けするのではなく、

できるように導いてあげた方が、

子どものためになるでしょう。

本当に自分で答え合わせができる子って少ないですよ。

昔、中学生の理科の問題で、

その学年全員が答えに「オ」を選んで〇にしていました。

「オ」で〇にしている子や、

他の選択肢を選んで「×」にして、

赤で「オ」と書いている子もいました。

「なぜ?」と聞くと、

全員、「答えがそうなっていたから」

と答えたのです。

塾長ブチギレ。

さて、なぜブチギレたのか?

実は、その問題の選択肢は、ア~エまでしかなかったから。

(解答が間違っていたのです。問題集ではよくあることですね。)

答えを写して〇にしたんでしょうね?

自分の答えが合っているのに、違うと思ったんでしょうね?

どちらにせよ、ブチギレです。

(叱るときは、本気で怒っているということを相手に伝わるようにすべきです。暴力はダメ!)

答えを写している子は論外ですが、

自分の答えが合っているのに、×とした子は、

「なぜ違うのか?」を考えていないことがわかります。

選択肢を見れば、

「あれ?オがない・・・」と気づくはず。

こういった積み重ねが

勉強の効率の妨げになっていることを、

早く気づかせてあげないといけません。

「なぜ?」と考える習慣づけは、

自立学習には必要不可欠です。

関連記事