入塾時期

 

国語 サンライズについて 幼児教育

サンライズはなぜ入塾時期が限られているのか、

のお話です。

小学生以上は春・夏・冬の

年3回のみ入塾を受け付けています。

(幼児は、いつでもOK)

募集を締め切った後などに、

お問い合わせがあることもありますが、

次の入塾時期までお待ちいただいております。

なぜ、入塾時期が限られているのか。

それは、講習会と関係があります。

入塾した後は全員、

講習会が初めての授業になります。

なぜ講習会からかといいますと、

最初に時間をかけてじっくり指導するためです。

講習会がないと、

入塾したばかりの子は、勉強のやり方もわからないまま、

いきなり授業に飛び込むことになります。

日々の授業の中にいきなり飛び込むと、

授業の受け方や雰囲気に馴染めないと感じるかもしれません。

ですから、講習会は、新しく塾に通う子にとって

通常授業に入る前の入門講座という位置づけなのです。

そして、お子さんと1対1のやり取りの中で特徴をつかみ、

(サンライズは通常、集団授業です。)

今後の指導に繋げていくのです。

また、通常授業よりも多くの時間をかけ、

毎日のように来ますので、効率よく指導ができます。

国語は特に、講習会でやることが多いです。

それは、週1回の国語の授業よりも

講習会のように短期間で長時間させた方が

身に付くと考えているからです。

そんな講習会ができるのは、

春・夏・冬の3回。

だから入塾時期も年3回なのです。

小崎 高寛

県立岡山朝日高校受験に特化した進学塾サンライズ塾長。岡山県岡山市出身。岡山市北区に2005年3月開塾。「算数・数学徹底塾」に変わり、最も得意な上位層対象、難関高受験に特化した「岡山朝日高校受験専門塾」に至る。1歳児から高3までを対象とし、自主自律をモットーに、難関大学受験を見据えた指導、幼児~高校を通じて生涯役立つ「考える力」「自学力」を伸ばす。以来、中3の大半が岡山朝日高校に合格だけでなく、大学進学でも東大・東工大・阪大・名古屋大・九州大・岡大医学部医学科・慶應大・早稲田大など超難関国立大・有名私立大の合格実績を残している。「自学力の育て方」(KADOKAWA)など3冊を共著出版。塾長・講師ともに全員岡山朝日高校出身。岡山中央小学校、岡山中央中学校出身。

関連記事