「超」得意科目を作る

子育て・家庭での勉強法 自学力 サンライズの指導方針 勉強法 塾長の指導観・受験観

勉強が好きになる出発点は、1つの得意科目があるからといっても過言ではありません。

人よりちょっとできるという「得意意識」から始まり、さらに勉強を重ねることでそれを伸ばし、

だれにも負けないレベルにまで持っていく。

そして、「超」得意科目にするわけです。

少々得意、くらいではあまり意味がありません。

「これだけはだれにも負けない」という「超」得意科目にしてこそ、大きな力を発揮するのです。

子どもには多かれ少なかれ、「これは好き」「まあまあいい成績がとれる」という科目があるはずです。

受験間近で、合格ラインに達していない苦手科目がある場合は別ですが、余裕がある時期なら、

私は得意科目を更に伸ばしていくことをお勧めします。

点数だけでなく、「自信」という何物にも代えられない絶大な効果を発揮してくれるからです。

「これだけは誰にも負けない」という「超」得意科目があれば、まわりからの注目が集まります。

それが「自分は勉強ができるんだ」という自信につながっていくのです。

そして、その自信が子どものやる気を高めてくれます。

更には、苦手な科目や学習スピード、性格にまで影響を及ぼします。

苦手科目で頑張るよりも、得意科目を伸ばす方がはるかに簡単ですし、

受験前の時間が足りない時期に「やらなくてもよい科目」が1つでもあれば、

その時間を他の科目にシフトできるので、時間的にも気持ち的にも余裕ができますよ。

関連記事