ケアレスミスをなくすには

 

子育て・家庭での勉強法 自学力 算数・数学 勉強法 塾長の指導観・受験観

「うちの子はケアレスミスが多くて困るんです。」

というお母さんは多いと思います。

中には、「見直しをしなさい」と言うだけで十分なこともあります。

これが本当のケアレスミスです。

しかし、できない子の場合は、きちんと理解していないために、

出題者がここで引っかけよう、と考えているところで見事につまずいていることがほとんどです。

「ケアレスミスは直らない」というのが定説なようですが、私はケアレスミスについては、

「理解度が浅いか、問題の演習量が不足しているかである」

と考えています。

なぜなら、うちの生徒で、「7×4=27。あ、間違えた!」なんて、

6年生になって九九を間違える子はほとんどいません。

また、自分の名前を間違えてしまう子もいません。

たくさん繰り返しやっていることは間違えないのです。

算数でも理科でもたくさんの演習問題をすると、

「この問題はよくこういう間違いをするんだよな」

「この問題はここが引っかけになりやすいんだよな」

と、はっきりわかるのです。

また、単位を間違えたり、解答の書き方を間違えてしまう癖のある人は、

「ケアレスミス」なのではなく、

単位や解答の書き方を間違えて書かないようにするトレーニングが不足しているのです。

「自分の実力はこんなもんじゃない。僕はケアレスミスが多いだけだ」

なんて考えていると、いつまでたっても成績は上がりません。

ケアレスミスをしてしまう現状が、「今の実力なんだ」と認識しない限り、ケアレスミスはなくなりません。

小崎 高寛

県立岡山朝日高校受験に特化した進学塾サンライズ塾長。岡山県岡山市出身。岡山市北区に2005年3月開塾。「算数・数学徹底塾」に変わり、最も得意な上位層対象、難関高受験に特化した「岡山朝日高校受験専門塾」に至る。1歳児から高3までを対象とし、自主自律をモットーに、難関大学受験を見据えた指導、幼児~高校を通じて生涯役立つ「考える力」「自学力」を伸ばす。以来、中3の大半が岡山朝日高校に合格だけでなく、大学進学でも東大・東工大・阪大・名古屋大・九州大・岡大医学部医学科・慶應大・早稲田大など超難関国立大・有名私立大の合格実績を残している。「自学力の育て方」(KADOKAWA)など3冊を共著出版。塾長・講師ともに全員岡山朝日高校出身。岡山中央小学校、岡山中央中学校出身。

関連記事