プライドをくすぐる叱り方

 

子育て・家庭での勉強法 優秀児育成のための最高の勉強法 自学力 塾長の指導観・受験観

プライドをくすぐる叱り方

「お前は、こんな問題もできないのか!」

この言葉を、最近いつ使いましたか?

特に、普段から、少しでもお子さんの勉強を見ている親であれば、思わず口に出てくる言葉ではないでしょうか。

テストの答案用紙を見たら、つい頭にきて「こんな問題もできないのか!」と言ってしまう気持ちはわかります。

悪気はないでしょうが、良い言葉ではありませんよね。

なぜなら、そう言っても、成績は上がらないから。

それどころか、子どもがやる気をなくしてしまいます。

親自身、わかっていても、怒り、悲しみの感情を抑えきれずに口からつい出てしまう。

言葉というのは、使い方によって、子どもを伸ばすことも、腐らすこともできる両刃の刃。

だからこそ、使い方にはぜひ敏感になってほしいものです。

という私も、指導の際に言っちゃいます。

ちょっとだけ言葉は違いますけどね。

この「違い」を知ることで、普段言ってしまう言葉でも、ものすごく効果の出る言葉に変身してしまいます。

ポイントは、ただ1点。

言われる側の子どもがどのように感じ取るか?を知ることです。

「お前は、こんな問題もできないのか!」と言われたらどう感じるか。

なんだか冷たく感じますよね。

お前は、自分(父・母)とは違うという突き放した感じもします。

そこで、必殺技の登場です。

しかも、超カンタン♪「は」を「が」に、「も」を「を」に変えます。

以上!意味わかります?

つまり、「お前は、こんな問題もできないのか!」を「お前が、こんな問題をできないのか!」に変える。

どうですか?

期待している気持ちをそのままストレートに伝えるためのちょっとした工夫です。

「言われる側の子どもがどう感じるか」これがすべて。

たとえ、期待心からの発言であっても、うまく伝わらないと逆効果。

ましてや、普段生活をずっと共にしている親だからこそ、子どもに与えるダメージは、先生の比ではないくらい大きくなる。

前者の言い方は、親が子どもの敵になっています。

そんな気はないでしょうが、知らず知らずのうちに親が敵になっている。

一方、後者は、子どもの味方になっています。

もちろん、本来、親は子どもの一番の味方なのですが、家庭での発言の積み重ねによって、子どもにはそうとは感じられなくなるわけです。

これが、言葉の怖いところ。

最初に言ったように、それが積み重なれば、先々・・・、というわけです。

ご家庭では、子どもの味方であることが、ちゃんと伝わっていますか?

家の中では、何の歯止めもない親こそが、こだわっていかないといけないものだと思います。

この「プライドをくすぐる叱り方」。

ちょっとした言葉の違いですが、効果はすごく違います。

しっかり頭に叩き込んで、練習しないと、つい「お前は・・・」と言ってしまいますよ!

小崎 高寛

県立岡山朝日高校受験に特化した進学塾サンライズ塾長。岡山県岡山市出身。岡山市北区に2005年3月開塾。「算数・数学徹底塾」に変わり、最も得意な上位層対象、難関高受験に特化した「岡山朝日高校受験専門塾」に至る。1歳児から高3までを対象とし、自主自律をモットーに、難関大学受験を見据えた指導、幼児~高校を通じて生涯役立つ「考える力」「自学力」を伸ばす。以来、中3の大半が岡山朝日高校に合格だけでなく、大学進学でも東大・東工大・阪大・名古屋大・九州大・岡大医学部医学科・慶應大・早稲田大など超難関国立大・有名私立大の合格実績を残している。「自学力の育て方」(KADOKAWA)など3冊を共著出版。塾長・講師ともに全員岡山朝日高校出身。岡山中央小学校、岡山中央中学校出身。

関連記事