夏の体験授業実施中。中3生、高1・高2・高3生は満席となりました。

プライドをくすぐる叱り方

「お前は、こんな問題もできないのか!」

この言葉を、最近いつ使いましたか?

特に、普段から、少しでもお子さんの勉強を見ている親であれば、

思わず口に出てくる言葉ではないでしょうか。

テストの答案用紙を見たら、つい頭にきて

「こんな問題もできないのか!」と言ってしまう気持ちはわかります。

悪気はないでしょうが、良い言葉ではありませんよね。

なぜなら、そう言っても、成績は上がらないから。

それどころか、子どもがやる気をなくしてしまいます。

親自身、わかっていても、怒り、悲しみの感情を抑えきれずに

口からつい出てしまう。

言葉というのは、使い方によって、子どもを伸ばすことも、

腐らすこともできる両刃の刃。

だからこそ、使い方にはぜひ敏感になってほしいものです。

という私も、指導の際に言っちゃいます。

ちょっとだけ言葉は違いますけどね。

この「違い」を知ることで、普段言ってしまう言葉でも、

ものすごく効果の出る言葉に変身してしまいます。

ポイントは、ただ1点。

言われる側の子どもがどのように感じ取るか?を知ることです。

「お前は、こんな問題もできないのか!」と言われたらどう感じるか。

なんだか冷たく感じますよね。

お前は、自分(父・母)とは違うという突き放した感じもします。

そこで、必殺技の登場です。

しかも、超カンタン♪「は」を「が」に、「も」を「を」に変えます。

以上!意味わかります?

つまり、「お前は、こんな問題もできないのか!」を

「お前が、こんな問題をできないのか!」に変える。

どうですか?

期待している気持ちをそのままストレートに伝えるための

ちょっとした工夫です。

「言われる側の子どもがどう感じるか」これがすべて。

たとえ、期待心からの発言であっても、うまく伝わらないと逆効果。

ましてや、普段生活をずっと共にしている親だからこそ、

子どもに与えるダメージは、先生の比ではないくらい大きくなる。

前者の言い方は、親が子どもの敵になっています。

そんな気はないでしょうが、知らず知らずのうちに親が敵になっている。

一方、後者は、子どもの味方になっています。

もちろん、本来、親は子どもの一番の味方なのですが、

家庭での発言の積み重ねによって、

子どもにはそうとは感じられなくなるわけです。

これが、言葉の怖いところ。

最初に言ったように、それが積み重なれば、先々・・・、というわけです。

ご家庭では、子どもの味方であることが、ちゃんと伝わっていますか?

家の中では、何の歯止めもない親こそが、

こだわっていかないといけないものだと思います。

この「プライドをくすぐる叱り方」。

ちょっとした言葉の違いですが、効果はすごく違います。

しっかり頭に叩き込んで、練習しないと、

つい「お前は・・・」と言ってしまいますよ!

今より満足できる授業を体験してみませんか?

『朝日高校上位合格への第一歩!』

サンライズでは、授業に納得してから入塾できるように無料体験授業を用意しています。

体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

まずは、面談にてお悩みや塾に関する疑問点を解消しましょう。

面談のご予約・お問い合わせページへ

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

岡山から世界に通用する人材を!

校内で1位、県内で1位では満足できない子供たちの集団『サンライズ』の魅力は授業にあります。現状で満足できない、勉強に飢えているあなたのために、無料体験授業を用意しました。体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

CTR IMG