5分を無駄にしない

子育て・家庭での勉強法 優秀児育成のための最高の勉強法 勉強法 塾長の指導観・受験観 岡山朝日高校 高校受験 大学受験

私は、中学時代に家で学校の宿題をしたことがありませんでした。

量が多いときもあったと思いますので、すべてではありませんが、家で宿題をした記憶がほとんどありません。

じゃあ、いつしていたのか。

それは、学校の休み時間です。

休み時間は、10分程度です。

移動時間があれば、もっと短くなる。

その限られた時間の間に集中して勉強しました。

私たちの日常生活には、たくさんの隙間時間があります。

この短い時間を無駄にしない。

むしろ、短い時間だからこそ集中して勉強できるとも言えます。

例え5分であっても、空いたら即、勉強に切り替える。

5分を無駄にしない。

この姿勢が大事です。

5分でできることは、意外と多いものです。

プリント1枚、問題集1ページ。

本を読んでもかなりの量の文章を読むことができます。

積み重ねれば、大きな成果も出せるのです。

長時間は無理でも、5分と思えばこそ、集中できる。

時間がない、は言い訳です。

一日の時間は全ての人に平等に与えられているのです。

問題を解くのが遅い、特に計算が遅い子は、こういった習慣がないです。

隙間時間を楽しく、有効に使えば、素晴らしい結果を手にすることもできるのです。

関連記事