効率よく勉強するための方法

 

子育て・家庭での勉強法 勉強法 塾長の指導観・受験観 高校受験 大学受験

効率よく勉強するためには

5分を無駄にしない

私は、中学時代に家で学校の宿題をしたことがありませんでした。

量が多いときもあったと思いますので、すべてではありませんが、家で宿題をした記憶がほとんどありません。

じゃあ、いつしていたのか。

それは、学校の休み時間です。

休み時間は、10分程度です。

移動時間があれば、もっと短くなる。

その限られた時間の間に集中して勉強しました。

私たちの日常生活には、たくさんの隙間時間があります。

この短い時間を無駄にしない。

むしろ、短い時間だからこそ集中して勉強できるとも言えます。

例え5分であっても、空いたら即、勉強に切り替える。

5分を無駄にしない。

この姿勢が大事です。

5分でできることは、意外と多いものです。

プリント1枚、問題集1ページ。

本を読んでもかなりの量の文章を読むことができます。

積み重ねれば、大きな成果も出せるのです。

長時間は無理でも、5分と思えばこそ、集中できる。

時間がない、は言い訳です。

一日の時間は全ての人に平等に与えられているのです。

問題を解くのが遅い、特に計算が遅い子は、こういった習慣がないです。

隙間時間を楽しく、有効に使えば、素晴らしい結果を手にすることもできるのです。

「何時まで」ではなく、「ここまで」

物事を成し遂げる人は、休憩の取り方がうまいです。

一番低いレベルの休憩の取り方は、集中力がなく、休憩してばかりの人です。

次によくあるのが、「1時間に1回休憩を取ろう」と時間を考えながら休憩する人です。

一見すると計画的で、効率的に勉強出来そうに見えますが、勉強の内容によっては、途中で止めてしまうことで、理解が半減してしまうこともあります。

そこで、一番お勧めしたいのが、「半分以上やってから休憩をとる」という習慣を身につけることです。

半分以上をやってしまうと、峠を越えたような感じがあり、勢いがつくので残りの努力もすぐにできてしまいます。

峠を越えるか越えないかでは、気持ちが全く違います。

ですから、休憩を取るなら、時間を考えるのではなく、「ここまでやったら休憩しよう」と考えられる習慣作りをすることが大切です。

「何時間勉強する」を大切にするのではなく、「何をどれだけ身につけたか」が重要なのです。

この習慣づくりで、ダラダラ勉強から、テキパキ素早く処理していけるようになります。

小崎 高寛

県立岡山朝日高校受験に特化した進学塾サンライズ塾長。岡山県岡山市出身。岡山市北区に2005年3月開塾。「算数・数学徹底塾」に変わり、最も得意な上位層対象、難関高受験に特化した「岡山朝日高校受験専門塾」に至る。1歳児から高3までを対象とし、自主自律をモットーに、難関大学受験を見据えた指導、幼児~高校を通じて生涯役立つ「考える力」「自学力」を伸ばす。以来、中3の大半が岡山朝日高校に合格だけでなく、大学進学でも東大・東工大・阪大・名古屋大・九州大・岡大医学部医学科・慶應大・早稲田大など超難関国立大・有名私立大の合格実績を残している。「自学力の育て方」(KADOKAWA)など3冊を共著出版。塾長・講師ともに全員岡山朝日高校出身。岡山中央小学校、岡山中央中学校出身。

関連記事