ノートルダム清心女子大学附属幼稚園入園面接

岡山朝日受験専門進学塾サンライズ塾長です。

先週の木曜日、金曜日は、ノートルダム清心女子大学附属幼稚園の入園面接の日でした。

これから入園を考えられている方のために、

面接当日はどんなことをするのか、まとめておきます。

年度によって、若干内容が変わります。

参考程度にしていただければと思います。

※以下のことができないといけない、ということではありません。

できるなら、練習をしておくとよい、程度に思ってください。

※幼稚園ではコロナ対策を万全にされていることもあり、例年と異なることも多いと思います。

面接前

面接の10分前までに受付を済ませておきます。

10分前といっても、ギリギリに来る人はいません。

早く着きすぎた人は、園庭のうさぎを眺めていても良いでしょう。

お子さんは園に入ってから出るまでずっと緊張し、非常に疲れます。

20~30分前に入るのが良いでしょう。

入り口玄関を入った時点から面接は始まっていると思ってください。

まずは玄関で靴を上履き(お子さんは運動靴、親御さんはスリッパ)に履き替え、入り口近くの受付に向かいます。

受付では、元気よく挨拶をしましょう。

お子様は受付にて受験番号と名前の書かれた名札をつけてもらい、「面接順路票」と「面接票」を受け取ります。

その後、職員室の前を通って控え室(あやめ組)に通されます。

同時間で6人ずつのようです。

控え室では、絵本を読んで待ちます。

絵本は控え室にもありますが、自分で3,4冊持っていく方がよいでしょう。

待っている時間は結構長いです。

親御さんが読み聞かせをして、おとなしく待ちます。

遊び1

開始時間が来ると、受験番号順に呼ばれますので番号順に静かに並びます。

最初は、リズム室へ。

扉が開きましたら中に入り、面接票を先生に渡します。

親御さんは椅子に座り、お子さんだけで先生の近くに集まります。

なかなかお母さんから離れられない子もいるでしょう。

その場合は、お母さんが近くについている子もいらっしゃいます。

まずは「とんとんとんとんひげじいさん」を先生と一緒にやります。

その後、1段、2段、3段と台を上がり、最後は(台1段から)ジャンプ!

奥には丸テーブルと教具があります。

教具はおままごとやブロック(少し離れている場所にあるので、気づかないかも)です。

先生と一緒に遊びます。

おもちゃを落としたら、自分で拾うように促されます。

10分ほど経つと片付けをします。

自分で元の位置へ戻すように促されます。

その後お子さんは親御さんのところに戻り、面接票を受け取り、部屋を出ます。

遊び2

廊下を進んで「子どもの部屋」へ。

廊下に椅子がありますので、座って順番を待ちます。

受験番号順に、最初の3組が中に入ります。

残りの方は、座ってお子さんに本の読み聞かせをして静かに待っています。

(※ この時に、何も持ってきていないとお子さんとお話しするだけになり、飽きてしまう可能性があります。)

中に入ると、お子さんは先生とテーブル越しに椅子に座り、マンツーマンになります。

親御さんは、離れたところで椅子に座って見守ります。

まず、いくつか質問があります。

「お名前は何ですか?」

「肩はどこ?」

「耳はどこ?」

次に、3種類の型はめをします。

実物とは異なりますが、イメージはこんな感じです。

それが終わると、トレーの上にどんぐり、松ぼっくり、洗濯ばさみが1つずつ置いてあるものを受け取り、

先生も同じものを持っています。

「これと同じものはどれかな?」

と言われて、同じものがわかるかどうか見られます。

「それはなんていうのかな?」

「(先ほど聞いたものと違うものを指して)じゃあこれは?」

なども聞かれます。

最後に、お母さんが隣りに座って、ブラウスにハンガーを通し、スナップを留めるのを見せて、

子どもがそれを見て同じようにできるかを見られます。

最初に先生がやってみせ、それを見てお母さんが1回だけやってみせ、お子さんがやる、という流れです。

スナップ留めは、基本できるまで待つという姿勢のようです。

できた方から退室をし、次の控え室(たんぽぽ組)へ。

控え室には本だけでなく、パズルや大きなコルクの積木があります。

ここで順番が来るまで待つのですが、番号が後の人ほど結構待ちます。

園長面接

さあいよいよ最後です。

順番が近づくと、面接室(こすもす組)の前の廊下にある椅子に座って待ちます。

順番が来ますと声をかけられて中に入ります。

面接票、順路票を入り口で先生に渡します。

園長先生ともう一人の先生、親御さんとお子さんで面接です。

聞かれる内容は、人によって違う部分もあると思いますが、

願書の写真を見て、

「誰が写っているか教えて?」

と映っているのが誰かわかるか聞かれます。

写っていない家族がいると例えば「お父さんは写っていないね」と言われます。

家族全員(願書に書かれている方全員)の写真が良いように思います。

中にはご両親で面接に来られている方も少なくありません。

お父さんには

「お子さんの良い所は何でしょうか?」

と聞かれます。

願書の注意すべき点に何か書いてあれば、そのことについて詳しく聞かれます。

始まってから、終わるまでに1時間(順番によって誤差あり)くらいかかります。

合格発表!

そして、今週の月曜日が運命の合格発表の日でした。

結果は、今年も全員合格!

2年前の情報もあります。

参考にしてみてください。↓

今より満足できる授業を体験してみませんか?

『朝日高校上位合格への第一歩!』

サンライズでは、授業に納得してから入塾できるように無料体験授業を用意しています。

体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

まずは、面談にてお悩みや塾に関する疑問点を解消しましょう。

面談のご予約・お問い合わせページへ

>知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

岡山から世界に通用する人材を!

校内で1位、県内で1位では満足できない子供たちの集団『岡山朝日受験専門サンライズ』の魅力は授業にあります。現状で満足できない、勉強に飢えているあなたのために、無料体験授業を用意しました。体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や岡山朝日合格のための勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

CTR IMG