国語読解力養成講座受付中!個別学習相談会実施中!【無料体験授業受付中!】KADOKAWAより「自学力の育て方 受験突破だけで終わらないために」を出版。全国書店・インターネットにて発売中。

中高生の後伸びにつながる「幼児・低学年期の学び」【前編】

幼児・低学年指導を始めて気付いたこと

 サンライズが幼児・低学年指導を始めて15年になります。

中学生、高校生になって後伸びする子は、幼児・低学年期の学びにあることを知ったのがきっかけでした。

 いわゆる「学習塾」や「進学塾」の多くは生徒を合格させることが第一の目標です。

ところが、受験で合格さえすれば、人生が豊かになるのかといえば、そうではありません。

長い人生を生きていく中では、点数や学歴がどうだというよりも、心の使い方、考え方次第で豊かになるものです。

感じ方や考え方は人それぞれであり、テストで測ることはできません。

受験は目的ではなく、手段の一つでしかないのです。

社会に出て役立つのは、学生時代に身につけた知識よりも、例えば勉強する癖や、知識を活用して新しい問題を解決する力などです。

 勉強する癖や習慣というのは、中高生になってから身につけようというものではないですよね。

実際、幼児や低学年の指導をしていると、そういう癖や習慣は、むしろ中学生たちより容易に身につくのです。

癖はついたらなかなか消えないものです。

だから勉強する癖を早めにつけるためにも、サンライズでは幼児・低学年は一番時期として、特に力を入れていきたいと思っています。

幼児・低学年教育で大切なこと

 同じ授業を受けているのに、勉強ができる子とできない子に分かれてしまうのはなぜか。

理解が早く、自主的に勉強できたり、それほど勉強しなくてもできる「勉強ができる子」と、分数や面積が苦手だったり、いくら勉強しても成果が出ない「勉強ができない子」の差は「あること」をしたかどうかで決まります。

それは、幼少期からビシバシ勉強させることでも、誰よりも早く知識を教え込むことでもありません。

大事なことは勉強することではなく、勉強するための「下地・基礎・基本作り」です。

 例えば、100階建ての高層ビルの土台を作れば、そこには5階建てのビルも建てられます。

しかし、しっかりした土台のない所に高層ビルを建てようとすれば、強度不足のため補強工事をしなければいけません。

 では、「勉強ができる子」の土台とは何か?

その答えは、200以上の数・知恵・文字・図形の「基礎概念」です。

「基礎概念」は「数概念」とも言われ、数の中身を分かるようにすることです。

その数の能力は知能の中でも最も大切な能力で、数・量・関数・図形・計算・測定を総合したものです。

幼児教育では、数概念を身につけるために、数理パズルや積み木を使用しています。

算数に強い子を育てるには

 算数に強い子に育てるには、暗記型の詰め込み教育ではなく、算数の不思議な世界を自分の手で経験し、その魅力に触れてみることのできる教育をしなければなりません。

それには紙と鉛筆だけの指導ではなく、実験道具となる遊具を渡して、遊びの中で数理的経験をさせて認識に導くような指導をします。

教えて覚え込ませるのではなく、手と頭で考えさせて、数理的感覚を伸ばす教育です。

興味を持って熱中して遊べる「物」を教材として与えて、手と頭を同時に働かせて、試行錯誤を重ねて、物理的認識に到達させることは、観察力や分析力・思考力・想像力などの総合的な知識を高めるのに役立ちます。

今より満足できる授業を体験してみませんか?

『朝日高校上位合格への第一歩!』

サンライズでは、授業に納得してから入塾できるように無料体験授業を用意しています。

体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

まずは、面談にてお悩みや塾に関する疑問点を解消しましょう。

面談のご予約・お問い合わせページへ

>知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

岡山から世界に通用する人材を!

校内で1位、県内で1位では満足できない子供たちの集団『岡山朝日受験専門サンライズ』の魅力は授業にあります。現状で満足できない、勉強に飢えているあなたのために、無料体験授業を用意しました。体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や岡山朝日合格のための勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

CTR IMG