定期考査重視の勉強からの脱却

 

サンライズの指導方針 大学受験

定期考査重視の勉強からの脱却

5年ほど前の高校入試と比べて、現在の入試は随分変わってきました。

以前と比べて難化傾向にあります。

難化とはどういうことか?

まず、学習内容が増加し、学習範囲が広がりました。

それによって、十分な対策が取れない子が増えてきたのです。

また、一問一答式の問題が減り、記述問題が増加しました。

昔は、受験前にちょっと勉強したら何とかなったのかもしれませんが、今はそれなりに対策をしていかないと、合格できなくなってきています。

ところで、もう少し先のことに目を向けますと、大学入試も変化をしています。

現在は、まだセンター試験が続いており、センター試験の結果で、概ね合否が決まります。

しかし、大学によっては、二次試験を重視するところもあり、また、2020年にはセンター試験が廃止され、新たな入試制度に変われば尚更、大学独自のものさしで測ることになります。

そうなれば、大学によって受験科目が異なるため、偏差値基準では測れないということになります。

一般入試で受験を考えるなら、高校の内申点は関係がなくなります

高校生にとって、3年間で、大学合格に焦点を当てて、勉強できるかどうかがカギとなるのです。

話を中学生に戻します。

中学校では、内申点が入試に関わります。

定期考査の得点に加え、日常の授業態度・提出物・・・

彼らにとって、これらを無視することはできません。

子どもは、定期考査の得点が内申点に大きく関わるかどうかで、次のような反応をします。

中学生「定期考査を頑張らないと、内申点が悪くなるから、点数を取らないと・・・」

高校生「内申点は、入試に関係がないから、気にしなくてもよい」

このように、勉強に対する考え方がブレるのです。

ましてや、「内申点が悪いから、内申点が関係ない朝日高校を受験しよう」などと考えるのは論外!(関係あります)

真面目な子の多くは、中学校と同じく、高校も定期考査重視の勉強を続けます。

果たして、その勉強で大学受験に繋がるのでしょうか?

塾は、小・中・高と続けることができるので、大学受験に向けて勉強することができます。

一方、予備校は、高卒生を対象とし、大学受験の指導が中心です。

それに対して、学校(高校)は、高校生としての教養を与える場です。

定期考査のためだけの勉強は、大学受験にはつながりません。

大学受験に合格するためには、高校生の意識付けが大切になってきます。

  1.  定期考査に流されない!
  2.  高校3年間は大学受験の下準備!
  3.  定期考査の結果よりも、模試や実力テストを重視!
  4.  部活との両立とは、勉強を犠牲にすることではない!

これらの意識改革ができていないとどうなるか?

「高校に入学したけれど・・・こんなはずじゃなかった!」となるのです。

高校で「落ちこぼれ」にならないようにするためには、

  • 定期考査の勉強で、教科書丸暗記は禁止!
  • 定期考査のためだけの勉強をさせない。(一夜漬け・テスト週間のみ勉強など)

というような勉強に対する意識改革が、中学段階から、必要なのです。

サンライズでは、中学生に対して、定期考査重視の考え方=定期脳からの脱却をさせ、高校、大学入試に繋がる勉強を指導しています。

小崎 高寛

県立岡山朝日高校受験に特化した進学塾サンライズ塾長。岡山県岡山市出身。岡山市北区に2005年3月開塾。「算数・数学徹底塾」に変わり、最も得意な上位層対象、難関高受験に特化した「岡山朝日高校受験専門塾」に至る。1歳児から高3までを対象とし、自主自律をモットーに、難関大学受験を見据えた指導、幼児~高校を通じて生涯役立つ「考える力」「自学力」を伸ばす。以来、中3の大半が岡山朝日高校に合格だけでなく、大学進学でも東大・東工大・阪大・名古屋大・九州大・岡大医学部医学科・慶應大・早稲田大など超難関国立大・有名私立大の合格実績を残している。「自学力の育て方」(KADOKAWA)など3冊を共著出版。塾長・講師ともに全員岡山朝日高校出身。岡山中央小学校、岡山中央中学校出身。

関連記事