優先順位を決める

 

自学力 算数・数学 子育て・家庭での勉強法 優秀児育成のための最高の勉強法 国語 サンライズの指導方針 勉強法 塾長の指導観・受験観

優先順位を決める

塾の宿題に追われて、学校の宿題ができないということはありませんか?

一般に、進学塾の場合、毎週恐ろしい量の宿題が出ます。

私が通っていた塾なんかは、当時はわかりませんでしたが、今から思うと、特に多かったですね。

学校の授業では習っていない問題を「やってきて!」なんてことは当たり前、家庭学習のほとんどが「宿題をこなす時間」になっているほど。

そんな状況の中、トップレベルをキープするとなれば、宿題の内容までをマスターして、確認テストで高得点を狙うわけですから、学校の宿題なんてやる時間ないよ~!というわけですね。

特に、周りの同級生が、学力下位層の場合、「みんなは学校の宿題だけでいいのに、どうして自分だけ・・・」という疑問が渦巻きます。

小学生は、特にそうですね。

まず、親の役目は、混乱している子供を安心させてやること。

「できないならしなくていいよ」なんて言うことではありませんよ!

ましてや「そんなに多いなら塾の宿題を無くしてもらうように、ママから言っておくから!」なんて言ってしまえば、「なあんだ、やらなくてもいいんだ。じゃあ、やらない!」となるのは必至です。

「安心させる」とは、「何をやるかの方針を決める」こと。

別の言い方をすれば、「優先順位を決める」ということです。

例えば「宿題は、塾の勉強を最優先!」というのはどうですか?

学校の宿題も、塾の宿題もある中で、塾を最優先するとの方針を示すことで、少しは安心できるはず。

でも、「これって、学校の宿題はしなくていいということなの?それとも後でやらされるのかな?」なんて不安を同時に抱くことになります。

そこで、さらにより細かく優先順位を決める必要があるわけです。

「塾の勉強では、算数を最優先。学校の宿題は平日5時から6時までとりかかる。」

学校の宿題をどうするのかを提示することで、さらに安心するでしょう。

宿題は5時から6時までやればいいんだ。

でも、算数以外の科目はどうなるの?

なんてことも考えるでしょうから、さらに細かい方針を提示してやります。

「算数は宿題を完璧にする。理科と社会は決めた問題だけ。国語は漢字だけ」

ここで気をつけるポイントは、お子さんに「これなら、やれそう」と感じさせること。

算数は、塾の宿題を完璧にするまでやるわけですから、相当大変そう。

でも、その分他の教科は、絞った内容だけでいいみたい。

だったら、できるだろう。

そして、学校の宿題は5時から6時までにやればいいんだな。

と言った具合に、優先順位を明確に示してやることで子供を安心させるのです。

先の目標として、受験がある以上、現実問題として、塾の勉強が優先順位の上位にきます。

例えば、夏休みの宿題でも、学校の宿題は、子供の処理能力を試す意味もあり、1~2日で一気に片付ける家庭が多いようです。

いやいや、自由研究こそが本当の勉強、これは譲れないとか、日記を毎日書くことは、国語力に役に立つなんて思う人もいるでしょう。

私も以前は同じ考えでした。

全てを完璧にしたいと思うのはいいですが、やらされる子供はたまったものではありません。

さあ、学校の宿題、お宅の優先順位は、果たして何位でしょうか?

小崎 高寛

県立岡山朝日高校受験に特化した進学塾サンライズ塾長。岡山県岡山市出身。岡山市北区に2005年3月開塾。「算数・数学徹底塾」に変わり、最も得意な上位層対象、難関高受験に特化した「岡山朝日高校受験専門塾」に至る。1歳児から高3までを対象とし、自主自律をモットーに、難関大学受験を見据えた指導、幼児~高校を通じて生涯役立つ「考える力」「自学力」を伸ばす。以来、中3の大半が岡山朝日高校に合格だけでなく、大学進学でも東大・東工大・阪大・名古屋大・九州大・岡大医学部医学科・慶應大・早稲田大など超難関国立大・有名私立大の合格実績を残している。「自学力の育て方」(KADOKAWA)など3冊を共著出版。塾長・講師ともに全員岡山朝日高校出身。岡山中央小学校、岡山中央中学校出身。

関連記事