社会学習で成績を上げる!避けるべき3つの非効率な勉強法

社会が得意な子が絶対にしない3つの勉強のやり方

親御さんがお子さんの社会の勉強を見ていて、なかなか点数が上がらないとお悩みではありませんか?

その原因は、実はお子さんの勉強法にあるかもしれません。

勉強が得意なお子さんたちは、特定の勉強法を避けているんですよ。

それにはどんなものがあるのでしょうか。

目次

1.丸暗記の罠

社会科目でよくある「丸暗記」、これが実は学習の大きな落とし穴かもしれません。

社会が得意な子どもたちは知っています。

ただ用語を覚えるだけでは、テストでいい点が取れたとしても、知識は長続きしません。

丸暗記は、まるで絵に点を打つようなもの。

しかし、私たちの脳は点だけではなく、それらの点をつなぐ線を求めています。

線は、出来事や用語の間の関連性を示し、記憶を強化します。

たとえば、歴史の流れや、地理的な特性がどのように社会や文化に影響を与えるかなど、全てはつながっています。

実際、社会が得意なお子さんは、ただ事実を覚えるのではなく、それらがどのように互いに影響し合っているかを理解しています。

たとえば、江戸時代の日本が孤立政策を取った背景には、どんな国際情勢があったのか、また、それが後の明治維新にどう影響したのかを学ぶのです。

では、丸暗記から脱却するにはどうすれば良いでしょうか?

まずは、用語や出来事を単独で見るのではなく、全体の流れの中で位置づけ、関連を見つけることが大切です。

お子さんと一緒に、地図を見ながら、その地域の気候や地形が歴史上の出来事にどのように影響しているかを話し合うのも一つの方法です。

次に、時間軸を使って、異なる時代の出来事がどのように繋がっているかを視覚化することも有効です。

これは、お子さんが歴史の流れを自然に把握するのを助けます。

さらに、社会の勉強は物語として捉えることも重要です。

登場人物がいて、舞台があり、物語が進行するように、歴史上の人物やその時代の文化、社会の動きを一つのストーリーとして捉えることで、お子さんはより関心を持って学ぶことができます。

最後に、親御さんがお子さんの学びをサポートするためには、一緒に学ぶ楽しさを見つけることが大切です。

博物館の訪問や、歴史に関連するドキュメンタリーを見るなど、学校の教科書を超えた活動を通じて、知識を深めることができます。

テストのためだけの勉強ではなく、生涯にわたって役立つ学びを、お子さんには与えたいですよね。

丸暗記の罠にはまらないように、お子さんと一緒に効果的な学習方法を見つけていきましょう。

2.一問一答式問題集への依存

多くのお子さんが、一問一答式の問題集を解くことで勉強していると思います。

これはまるでAIのように「問題が出れば、答えを返す」という機械的な作業になりがちです。

しかし、一問一答は学んだ内容の一部を確認する手段であって、全てを理解しているわけではありません。

例えば、お子さんが「世界のさまざまな住居」について学んでいるとしましょう。

問題集には「日干しれんがの家が見られるのは、どの気候帯か?」と出ているかもしれません。

答えは「乾燥帯」ですが、これだけで十分でしょうか?

世界には多様な気候帯があり、それぞれに特徴的な住居が存在します。

問題集に載っていない住居の情報も、お子さんが学ぶべき重要な内容です。

実は、社会が得意なお子さんたちは、問題集に載っていない知識も深く学んでいます。

たとえば、高床式の家屋や、ゲル、イグルーといった異なる気候での住居も学び、それらがなぜその気候に適しているのかを理解しています。

問題集で聞かれることが全てではなく、それを足がかりにさらに多くのことを学ぶのです。

問題集を使うことは悪くありませんが、それに依存するのではなく、お子さんの理解度をチェックするツールとして使いましょう。

問題集で答えられなかったことは、学びがまだ足りないサインです。

そのような時は、お子さんと一緒にそのテーマについてさらに掘り下げて学んでみてください。

親御さんがお子さんに問題集以上の学びを促すことで、社会の勉強に対する深い理解と興味を育てることができます。

試験のためだけではなく、実生活で役立つ知識を身につけるためにも、このアプローチはとても価値があります。

今日から、一問一答式問題集を超えた学習へとステップアップしましょう。

3.無意味な答え合わせ

お子さんは、テストで間違えた問題に対して、どのように対処していますか?

多くの場合、正しい答えを確認して終わりにしてしまうことがありますが、これは実は学習のチャンスを逃しているかもしれません。

例えば、歴史のテストで「1232年に御成敗式目を定めたのは誰か?」という問題があったとしましょう。

正解は「北条泰時」ですが、もし間違えた場合、ただ正解を覚えるだけでは不十分です。

なぜなら、その問題が示しているのは、その時代の政治状況や他の選択肢である人物たちの歴史的役割についての理解が不足していることを意味しているからです。

効果的な答え合わせとは、ただ正解を覚えるのではなく、間違えた理由を理解し、その問題についてさらに学び直すことです。

このプロセスでは、歴史上の人物や出来事がどのように絡み合っているのか、その背後にある物語を探ることが重要になります。

たとえば、「北条泰時」だけを覚えるのではなく、その時代の鎌倉幕府の政治、泰時が定めた御成敗式目の内容とその歴史的意義、そしてなぜそれが後世に影響を与えたのかを探求することが学習効果を高めます。

そして、「北条政子」や「北条時宗」「北条時政」といった他の選択肢についても同じように深く学ぶことで、歴史の理解が一層深まります。

親御さんとしては、お子さんがテストのためだけでなく、将来的な知識として身につけるために、このような学習方法を奨励することが大切です。

間違えた問題は、単なる間違いではなく、学びを深めるためのステップと捉えましょう。

答え合わせの時間を、ただの確認作業ではなく、知識を結びつけ、理解を深める貴重な機会として活用することが、効果的な学習への鍵です。

間違いから学び、理解を深めることで、お子さんはより確かな知識を築いていくことができるでしょう。

親として、その学びのサポートをすることで、子供たちの未来の学びに対する基盤を強化できるのです。

お子さんの勉強法にこれらの方法が含まれていないか、一緒に見直してみましょう。

今からでも遅くはありません。

効率の良い学習法へと変えることで、お子さんの社会の理解を深め、成績アップへとつなげることができますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次