ただいま体験授業実施中です。次回の入塾試験は11月27日です。(小4以上)

今すぐ始める、勉強好きになる為の3つのアドバイス

誰が見てもわかりやすいノートを作ろう

心機一転、

今年こそお子さんの成績を上げたいという保護者の皆さんに、

勉強法の基本についてアドバイスします。

まずは、ノートの取り方から。

当塾では小学生には方眼ノートを使うように指導していますが、

チェックポイントがいくつかあります。

一つは、升目を無視して文字がはみ出ていたり、

乱雑な書き方になっていないか。

拘り過ぎてもいけませんが、

誤字・脱字の他計算ミスを防ぐ意味でも、

ある程度の丁寧さは必要です。

そして、余白を含めページ全体が

バランス良くまとめられているかどうかも

ポイントになります。

1ページに数文字、数行のみで次のページを新たに使っているなど、

贅沢な使い方になっていないでしょうか。

ノートは授業で学んだことを復習するためのものなので、

後で見直した時に本人でさえよくわからない、

というのでは本末転倒です。

自分なりの工夫をしながら、

復習しやすいノート作りを心がけましょう。

答え合わせこそ学力向上のカギ!

2つ目は答え合わせです。

問題を解いたら必ず行って欲しいのですが、

自学習の確立のためには一人で出来るようになるのが理想的です。

当塾では小学4年生から塾生本人にやってもらいますが、

3年生のうちに1年間かけて練習するので、

そう難しいことではありません。

しかしながら、後々チェックしてみると

丸付けそのものが間違っているケースが見受けられるので、

やり方も丁寧に指導しています。

例えば漢字問題で、

「迎」のつくり部分が「卯」になっているのに

〇をつけてしまっているとか、

㎠と㎤を間違っている、等々。

答え合わせは注意力と忍耐力が必要ですが、

間違いを一つずつ潰していくことこそ

成績アップの秘訣です。

問題を解いたら必ず答え合わせもするよう心掛けてください。

身につくかどうかは間違えた後の対応次第

そして答え合わせの後の復習が、3つ目のアドバイスです。

問題を解いていて答え合わせをしたら、

間違ったところをもう一度見直してみましょう。

なぜ間違ったのかも分析します。

単純なミスだったのか、覚え間違いだったのか、

あるいは理解できていなかったのか。

小学生のうちは初めて学ぶ単元は難しいことも多いでしょう。

わからないことを恥じるのではなく、

納得して理解できるまで自分なりに粘ることが大事です。

問題を解いて答え合わせをしてみた時、

間違いが多かったらその単元を最初からやってみる。

そのくらいの気概でやらないと、成績には繋がりません。

何故なら、時間が経って再び似たような問題が出た時に

正答率は下がる傾向にあるからです。

そのために、初回の理解度を限りなく100%に近づけておきたい。

問題を解くのも答え合わせをするのも、

やった回数よりも、どうやったかという中身が大切です。

日頃から「なぜ?どうして?」を意識して、

自分で考えられる回路を少しずつ作っていきましょう。

今より満足できる授業を体験してみませんか?

『朝日高校上位合格への第一歩!』

サンライズでは、授業に納得してから入塾できるように無料体験授業を用意しています。

体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

まずは、面談にてお悩みや塾に関する疑問点を解消しましょう。

面談のご予約・お問い合わせページへ

最新情報をチェックしよう!
>知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

岡山から世界に通用する人材を!

校内で1位、県内で1位では満足できない子供たちの集団『岡山朝日受験専門サンライズ』の魅力は授業にあります。現状で満足できない、勉強に飢えているあなたのために、無料体験授業を用意しました。体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や岡山朝日合格のための勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

CTR IMG