数的概念を身に付けるには

算数・数学 幼児教育 指導の様子

幼児クラスでは、

 

主にパズル、積み木を使って、

 

数量の概念を身に付けさせます。

 

パズルと聞くと、

 

「あ~あれね。並べて形作るんでしょ?」

 

という方が多いのでは?

 

数理色板

 

 

一見、ただ単に並べているように見えますよね?

 

線を書いてあるのは、並べた形を跡に残すためです。

 

で、その大きさによって、数を書いていきます。

大きさによって、数が違う。

 

それらを組み合わせるとどうなるか。

 

単なる足し算ではありません。

 

写真では、11がどんな数の組み合わせで

 

できるのかを考えています。

 

更には、残った数=余りはいくつなのかも考えさせます。

 

図形と数の融合問題というわけです。

 

数理積み木

 

 

公式の暗記や計算問題ばかりではなく、

 

手で触って経験させることが必要だと考えています。

 

抽象的なものをイメージすることはとても難しいことです。

 

積み木をうまく組み合わせていくためには、

 

関係把握能力が必要で、それを鍛えていきます。

 

 

点描写

 

簡単そうに見えて、意外と難しいのが、

 

この点描写です。

 

実際、大人がやってみてもできない人もいるでしょう。

 

見本を見ながら、その通りに描くのではなく、

 

鏡に映った図形をイメージしながら描くのです。

 

あ、点を数えながらではダメですよ(笑)

 

 

 

実はめちゃくちゃ難しい

 

幼児クラスでやっている、主な教材の紹介になりましたが、

 

実は、中学生でも、高校生でも効果があります。

 

実際、塾長も勉強会でやっているのですが、

 

難易度が非常に高く、

 

一度分からなくなると、

 

延々同じ問題を解くことになります。

 

でも、これを楽しんでやっている子は、

 

長時間ずっと集中力が続いています。

 

勉強を始める前に、ウォーミングアップのつもりで

 

やってみてはどうでしょう?

関連記事