子どもの言葉は肯定的に受け止める

Aちゃんのお母さんが不満顔で言いました。

「うちの子は最近、お笑い芸人になりたいなんて

バカなことを言うんです」

みなさんは、こんなとき、どう対応しますか?

「そんなことを考えていないで勉強しなさい!」と言うか、

何としても勉強しないといけない職業に変えさせる(ように仕向ける)

親が多いのではないでしょうか。

もし、Aちゃんが次に「私、大人になったら美容師になりたい」

と言い出せば、お母さんは、

「何を言っているの。あなたはすぐに言うことが変わる。

大学に行きなさい。」と、聞く耳を持たずに言うかもしれません。

こんなことを続けていると、子どもは、

「私のことは何もわかってくれない」と考え始め、

「何を言っても否定されて無駄だし、怒られるから何も言うのはよそう」

と、自分の感じていることを話さなくなっていきます。

私なら、「そうなったら楽しそうだね」と受け止めて、

「じゃあ、どうすればお笑い芸人になれるか自分で考えてごらん」

と子どもに話します。

子どもの夢はコロコロ変わっていきます。

でもそれでいいのです。

毎日、そのときの「ああしたい」を口に出せる環境が、

夢を持ち、やる気を出す習慣につながっていくのです。

安心してください。

子どもは意外と現実的です。

自分の頭で考えさせると、「やっぱり大学に行こう」と思い直し、

また机に向かい始めることがほとんどです。

受験という高いハードルに挑んでいる最中なら尚更、

他の事に気をとられると、親としては心配になることもわかります。

でも、少し辛抱して子どもとの会話に付き合ってあげてください。

「お母さんは自分のことを理解してくれる」

「自由に何でも話せる」と思える居心地の良い環境にいると、

子どもは精神的に安定していきます。

関連記事