自己肯定感を高める子どもとの関わり方

 

子育て・家庭での勉強法 自学力 塾長の指導観・受験観

自己肯定感

子どもの言葉は肯定的に受け止める

Aちゃんのお母さんが不満顔で言いました。

「うちの子は最近、お笑い芸人になりたいなんてバカなことを言うんです」

みなさんは、こんなとき、どう対応しますか?

「そんなことを考えていないで勉強しなさい!」と言うか、何としても勉強しないといけない職業に変えさせる(ように仕向ける)親もいるかもしれません。

もし、Aちゃんが次に「私、大人になったら美容師になりたい」と言い出せば、お母さんは、「何を言っているの。あなたはすぐに言うことが変わる。大学に行きなさい。」と、聞く耳を持たずに言うかもしれません。

こんなことを続けていると、子どもは、「私のことは何もわかってくれない」と考え始め、「何を言っても否定されて無駄だし、怒られるから何も言うのはよそう」と、自分の感じていることを話さなくなっていきます。

私なら、「そうなったら楽しそうだね」と受け止めて、「じゃあ、どうすればお笑い芸人になれるか自分で考えてごらん」と子どもに話します。

子どもの夢はコロコロ変わっていきます。

でもそれでいいのです。

毎日、そのときの「ああしたい」を口に出せる環境が、夢を持ち、やる気を出す習慣につながっていくのです。

安心してください。

子どもは意外と現実的です。

自分の頭で考えさせると、「やっぱり大学に行こう」と思い直し、また机に向かい始めることがほとんどです。

受験という高いハードルに挑んでいる最中なら尚更、他の事に気をとられると、親としては心配になることもわかります。

でも、少し辛抱して子どもとの会話に付き合ってあげてください。

「お母さん(お父さん)は自分のことを理解してくれる」「自由に何でも話せる」と思える居心地の良い環境にいると、子どもは精神的に安定していきます。

「そうだね」

夢や目標を達成するには、その夢を情熱的に人に話すことです。

夢を口に出すことで、自分を奮い立たせることにもなるのですが、前提として、その話を必ず聞き続けてくれる人が必要です。

偉人と言われる人たちは、最初は「そんなこと、できるわけがない」と思われるようなことを実現してきました。

だからこそ、歴史に名を残しているわけです。

子どもが抱く夢も、大人から見れば、「そんなバカな」と思えるものがほとんどです。

でも、頭ごなしに否定しないでください。

一度は子どもの話を、「そうだね」と受け止めて欲しいのです。

否定され続けると、子どもは自分の考えや夢を話さなくなります。

そして、殻に閉じこもろうとしてしまいます。

最悪なのは、「お前は勉強して、いい学校に入れば、やりたいことができるんだから・・・」などと理屈で説き伏せることです。

子どもに理屈は通用しません。

納得しないことに前向きに取り組むわけがありません。

では、何が子どもを目標に向かわせるのか。

それは、共感と信頼です。

「この人は私のことを大切に考えてくれている」「愛されている」と共感できるから、「自分が大切にしたい人を喜ばせたい」と思って、努力するのです。

だからこそ、子どもにとって最高の聞き役になってください。

子どもの夢の実現の半分は親のかかわりによるものなのです。

小崎 高寛

県立岡山朝日高校受験に特化した進学塾サンライズ塾長。岡山県岡山市出身。岡山市北区に2005年3月開塾。「算数・数学徹底塾」に変わり、最も得意な上位層対象、難関高受験に特化した「岡山朝日高校受験専門塾」に至る。1歳児から高3までを対象とし、自主自律をモットーに、難関大学受験を見据えた指導、幼児~高校を通じて生涯役立つ「考える力」「自学力」を伸ばす。以来、中3の大半が岡山朝日高校に合格だけでなく、大学進学でも東大・東工大・阪大・名古屋大・九州大・岡大医学部医学科・慶應大・早稲田大など超難関国立大・有名私立大の合格実績を残している。「自学力の育て方」(KADOKAWA)など3冊を共著出版。塾長・講師ともに全員岡山朝日高校出身。岡山中央小学校、岡山中央中学校出身。

関連記事