子どもの算数学習へのつまずきを未然に防ぐ

つまずく子

算数の学習において、子どもがつまずく瞬間は予期せず訪れます。

この記事では、子どもたちが算数で直面する一般的な課題と、それらを克服するための効果的な方法に焦点を当てます。

目次

算数のつまずきの原因とその調べ方

算数の学習におけるつまずきは、単に問題集の間違いの数を数えることだけでは判別できません。

本質的な理解を深めるためには、子どもが数字を「イメージ」として捉える能力を育むことが重要です。

たとえば、「1Lは何dLか?」「1㎞は何mか?」という質問に対して、単位換算が苦手な子どもは戸惑うことが多いです。

あるいは、「3620mLは何L何dL何mLか?」という問いにすぐに答えられないかもしれません。

これは、数値の意味を深く理解せず、表面的な暗記に頼って、単なる「数字」として捉えている証拠です。

算数が苦手な子は、単位換算が苦手である傾向があるため、単位換算の理解度を調べてみるとつまずきの度合いを測ることができます。

算数の土台作りに重要な要素とは

算数の土台を固める上で最も重要な要素は以下の二つです:

  1. 四則演算(特に加法と減法)
  2. 量に関する概念(かさ、長さ、時間などの単位換算)

これらの基本が1年生から2年生の間に身につけられれば、その後の算数や数学の学習に大きな困難は生じません。

低学年でしっかりとした土台が築かれている子どもたちは、小学校4年生以降の算数の内容をほとんど自力で理解できるようになります。

具体的な教育方法としては、具体物を用いた実践的な教育が推奨されます。

例えば、水や穀物などを使って容量を理解させたり、実際の物差しを使用して長さを測らせることで、単位や数値に対する直感的な理解を促進できます。

理解できないからと繰り返し言葉で伝えたり、無理に覚えさせようとしたりしてはいけません。

一見遠回りのようでも、算数を得意にするにはこれが最適です。

小学校高学年に現れる「つまずき」の兆候

多くの親御さんは、子どもが小学校高学年になると、算数の学習に対する苦手意識を感じ始めることがあります。

特に、中学受験を考え始める4年生や5年生の頃から、学校の授業だけではカバーしきれない内容が増えてくるためです。

このような状況に直面した時、多くの子どもたちは突然「難しくてわからない」と感じることがあります。

その状況から何とかしようとしても思うようにいかず、親子でイライラすることもあるでしょう。

そのため、幼児期や低学年の段階でしっかりと基礎を固めておくことが、後の学習での成功につながります。

「勉強でつまずいて欲しくない」「勉強、勉強、とうるさく言いたくない」と思えば、幼児期や低学年から土台作りを始めましょう。

はっきりと目に見えて成果を感じることができます。

まとめ

子どもが算数でつまずかないためには、早い段階で基本的な概念をしっかりと理解させることが重要です。

具体物を用いた実践的な学習方法により、子どもたちの数値に対する直感的な理解を育み、算数への自信を築くことができます。

子どもの学びについて真剣に考える親御さん限定の説明会です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次