岡山朝日高校の募集定員削減!

2022年度入試より、岡山朝日高校の募集定員が削減されることになりました。

岡山県立高校の2022年度の募集定員が発表されました。全日制の定員は6年連続の減少です。 県立全日制50校の2022年度の募集定員は、1万845人で前の年と比べて175人減少しました。

(中略)

募集定員が減るのは6校9科で、主なものでは岡山朝日高校と総社高校の普通科でいずれも40人、新見高校の総合ビジネス学科で35人、真庭高校では学科を再編した上で60人減ります。

出典:6校9科で定員“減”…岡山県立高校 2022年度募集定員まとまる 全日制は6年連続の減少

これまで定員が360人だったのですが、40人減って320人となります。

過去10年の倍率では、1.05~1.21倍となっており、

特に2021年度は1.05倍と過去10年の中では最低の倍率でした。

岡山朝日高校志望者で、ギリギリ合格できるであろうと思われていた方にとっては

大きなニュースであると思います。

これまで倍率が低かったこともあり、定員削減がそろそろあるだろうとは思っていましたが、

入試まで残り半年を切ったこのタイミングで発表されるとは・・・。

おそらくそれほど急激に倍率は高くならず、1.2~1.3倍程度だとは思います。

しかし、サンライズとしては、岡山朝日高校に合格するのはもちろんのこと、

入学後の高校での勉強、大学受験を見据えた指導を行ってきました。

滑り込み合格を目指すのではなく、

十分な演習や傾向対策を行い、自信をもって受験に臨めるような体制を作ることが第一です。

そして、合格・入学後も引き続き難関大学を目指せる力を身につけることが大切だと考えています。

中3のみならず、中1・中2あるいは小学生の方には、

将来岡山朝日高校に着実に合格できるよう、出来るだけ早めの準備をして頂ければと思います。

今より満足できる授業を体験してみませんか?

『朝日高校上位合格への第一歩!』

サンライズでは、授業に納得してから入塾できるように無料体験授業を用意しています。

体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

まずは、面談にてお悩みや塾に関する疑問点を解消しましょう。

面談のご予約・お問い合わせページへ

>知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

岡山から世界に通用する人材を!

校内で1位、県内で1位では満足できない子供たちの集団『岡山朝日受験専門サンライズ』の魅力は授業にあります。現状で満足できない、勉強に飢えているあなたのために、無料体験授業を用意しました。体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や岡山朝日合格のための勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

CTR IMG