夏の体験授業実施中。中3生、高校生は満席となりました。

岡山朝日高校の入試倍率(朝日高校合格への道 番外編)

岡山県公立高校の一般入学者選抜の

志願者数と倍率は毎年2月末に発表される。

朝日高校の定員は360人。

過去の倍率は以下の通り。

2011年度(平成23年度) 1.16倍

2012年度(平成24年度) 1.08倍

2013年度(平成25年度) 1.09倍

2014年度(平成26年度) 1.17倍

2015年度(平成27年度) 1.07倍

2016年度(平成28年度) 1.21倍

2017年度(平成29年度) 1.07倍

2018年度(平成30年度) 1.15倍

2019年度(平成31年度) 1.08倍

2020年度(令和2年度) 1.12倍

直前で変更があれば、最終倍率は変わることもあるが、

ほぼ、この倍率と思ってよい。

入試に不安がある人、特にボーダーライン上にいる人にとっては、

倍率は非常に気になるものである。

よく私は、「倍率で一喜一憂しないように。」と言う。

倍率で不安を感じるようなことにならないように、

前もって準備をし、十分対策をしているのではないか。

360番目で合格できるかどうかを心配しているようでは、

例え高校に合格しても、その後の勉強で苦労することになるのではないか。

厳しいように聞こえるかもしれないが、

そんな気持ちで勉強していては、

合格は難しいからだ。

あなたは今、一生懸命勉強しているはず。

その努力は決して無駄ではない。

合否に関わらず、だ。

最も危険なのは、

「倍率が低いから、まあ合格するだろう」

と受験を舐めている人だ。

過去に何度かそういった子で不合格になった子を知っている。

入試では何が起こるかわからない。

隣の子の鉛筆をカツカツさせる音が気になって

集中できないかもしれない。

花粉が多くなっている時期だから、

花粉症の影響で頭がぼーっとするかもしれない。

とにかく、

入試では絶対はない!

ということだ。

残り僅かの時間でやれることは、

少しでも点数を上げられることに全力を注ぐ、

それしかない。

今より満足できる授業を体験してみませんか?

『朝日高校上位合格への第一歩!』

サンライズでは、授業に納得してから入塾できるように無料体験授業を用意しています。

体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

まずは、面談にてお悩みや塾に関する疑問点を解消しましょう。

面談のご予約・お問い合わせページへ

最新情報をチェックしよう!
>知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

岡山から世界に通用する人材を!

校内で1位、県内で1位では満足できない子供たちの集団『サンライズ』の魅力は授業にあります。現状で満足できない、勉強に飢えているあなたのために、無料体験授業を用意しました。体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

CTR IMG