秋の体験授業実施中。中3生、高1・高2・高3生は満席となりました。

使えない人材にさせない

最近の子どもたちに限らず、大人でも、「指示待ち人間」が多いそうです。

何かの指示を常に待っているのです。

今の新入社員も自分で考えて動かず指示を待っているばかりだと言われますが、

自分で考えるトレーニングをさせないまま、

子どもを社会に送り出すのが間違っているのではないでしょうか。

子どもに見通しの力が育たない一つの原因は、

大人の口煩さにあるのかもしれません。

子どもが次に何をしたらいいかを考える前に、

大人が「早く〇〇をしなさい!」「次は〇〇ですよ」と

先に言ってしまってはいませんか。

子どもに、生活の見通しの力を育てるためには、

まず日課を確立することが大切です。

毎日の生活をリズミカルに繰り返す中で、

子どもはその流れを理解していきます。

色板・パズルを解くことは、考えるトレーニングになります。

単純な計算問題とは違い、

図形学習は機械的に作業するだけで答えが出せるものではありません。

図形学習ごときをしても意味がないというようなことも

言われたことがありますが、

算数の難しい問題を解くことは、パズルを解くことと変わりありません。

パズルのいいところは、考えることは楽しいと子どもにも感じられることです。

算数もそれと同じで、自分の頭で問題を解くこと自体を楽しまない限り、

それは算数ではありません。

時間がかかっても、自分で解き方を考えることを徹底的にやるのが第一で、

入試本番以外、点数は二の次でいいのではないかと思っています。

時間が長くかかり、結局答えが出なくても、

自分で考えることを楽しんだ子供の方が、暗記で正答した子どもよりも、

算数を正しく学んでいると考えられます。

今より満足できる授業を体験してみませんか?

『朝日高校上位合格への第一歩!』

サンライズでは、授業に納得してから入塾できるように無料体験授業を用意しています。

体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

まずは、面談にてお悩みや塾に関する疑問点を解消しましょう。

面談のご予約・お問い合わせページへ

最新情報をチェックしよう!
>知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

岡山から世界に通用する人材を!

校内で1位、県内で1位では満足できない子供たちの集団『岡山朝日受験専門サンライズ』の魅力は授業にあります。現状で満足できない、勉強に飢えているあなたのために、無料体験授業を用意しました。体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や岡山朝日合格のための勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

CTR IMG