勉強×食事×睡眠

成績を上げるために、

勉強時間を増やす努力をする人は多いと思いますが、

良い食事と良い睡眠に目を向けている人は少ないようです。

脳や体を最適の状態にするには、

「トレーニング」と「栄養」と「休養」の3つが必要です。

この3つが揃えば、勉強の効果が大きくなります。

その中でも、子どもの集中力ややる気に最も関係があるのが

「よい睡眠をとれているかどうか」です。

そして、睡眠時間の長さよりも深さの方が大切です。

良い睡眠がとれていない子は、いつも集中力がありません。

表情も疲れた顔をしています。

ですから、勉強が頭に入りません。

集中していない状態でやる勉強は、

集中しているときの勉強と比べると10%以下の効果しかありません。

「できるまでやりなさい!」と夜中まで勉強をさせるのではなく、

(夜中までしなければいけないような状況がまずいですよね)

深い睡眠をとるために、

「ベッドでは携帯をいじらない」とか

「電気を消して寝る」など、最善の方法を考えましょう。

関連記事