人が驚いたり、喜んだりすることを想像させよ

目標を達成した子の多くは、

「周りの人をびっくりさせよう」

「周りの人を喜ばせよう」

という思いを持っています。

例えば、

「今度のテストで100点をとって、友だちを驚かせてやろう!」

「受験で志望校に合格して、親を喜ばせよう!」

という風に考えます。

また、

「こんなに頑張ったら、あいつも驚くだろうな」とか

「もし合格したら、先生もきっと喜ぶだろうな」

と、想像しながら、楽しんで努力していくようになります。

そうなれば、自分からすすんで努力するようになるのです。

ですから、大人ができることは、

「●●を頑張って、△△を驚かせようぜ!」

「○○をやったら、お母さん、喜ぶぞ。その顔見たいね~」

などと話し、

「目標を達成できたら、誰が喜ぶか、誰が驚くか」を書かせることです。

子どもは、人が驚いたり、喜ぶことを想像すると、頑張れるのです。

関連記事