真剣に向き合う

塾長の指導観・受験観

子どもは未熟。

 

だから、大人のサポートが必要。

 

「これくらいできるだろう」

 

「何でこんなこともできないの?」

 

大人の物差しで子どもの考えを否定してはダメ。

 

自分も子どもだった頃、それができたのか?

 

一度踏み留まって考えてみる。

 

どうすれば、変わるだろうか。

 

「相手を変えるには、自分を変えろ」

 

昔、恩師に言われた言葉。

 

・言い方を変える。

 

・優しくしてみる。

 

・口調を変える。

 

・芸人のようにふるまう。

 

色々試していくと、子どもの反応が変わるときがある。

 

これか!

 

そうやって、大人は色々考えているのだが、

 

子どもには解らない。

 

でも、それでもいい。

 

想いが伝わったのなら。

 

今日は質問をせずに我流で進める小学生に対してアドバイス。

 

軽い感じではない。

 

厳しいことも言った。

 

でも、怒鳴りつけるような言い方ではなく、

 

真剣に語る。

 

何が間違っているのか、

 

何を理解してほしいのか。

 

子どもを想う気持ちが強ければ強いほど熱くなる。

 

子どもだからって絶対に舐めない。

関連記事