上位5%に入るために

算数・数学 勉強法 高校受験

上位5%とはどういうことか。

 

 

今年の公立高校入試の数学の平均点は、

 

 

非常に高かった。

 

 

では、得点分布から見てみるとどうか。

 

 

得点率87.6%以上の割合は、

 

 

5.2%になる。

 

 

最上位の子たちだ。

 

 

(もちろん朝日高校受験者は含まれていない。)

 

 

入試でそれだけ高得点を出すには、

 

 

よほど難しい問題が解けなければいけないと

 

 

思っているのではないか?

 

 

答えはノーである。

 

 

昨日の記事でも書いたが、

 

 

基本問題を全問解ければ、36点

 

 

標準問題を全問解ければ、28点、

 

 

正答率10%未満の難問は、たった6点しかない。

 

 

満点は70点。

 

 

つまり上位5%に入るには、61.32点以上であればよい。

 

 

もちろん、全て解けた方がいいに決まっている。

 

 

しかし、難問が解けなくても

 

 

64点は取れる。

 

 

最上位生は、

 

 

取りこぼしがほとんどない。

 

 

見慣れている典型問題は、

 

 

確実に取る。

 

 

頭がいいから?

 

 

違う。

 

 

頭が良いだけでは、ミスが多くて

 

 

結果的に点数は中の上くらい。

 

 

圧倒的に勉強量が違う。

 

 

経験の差が出てしまうのだ。

 

 

更に上位を目指すために必要なことはあるが、

 

 

上を見ればきりがない。

 

 

もし、自分が中の上くらいの成績であれば、

 

 

まずは上位5%に入ることを目指す。

 

 

その先は、目標を達成してから考えればいい。

関連記事