子どもの成長に必要な“良い失敗”とは?―失敗から学ぶ大切さ

子どもの成長に必要な “良い失敗”とは? ―失敗から学ぶ大切さ

私たちが新しいことに挑戦するとき、しばしば失敗という障害に直面します。

しかし、この失敗は、実は学びと成長への貴重な一歩なのです。

失敗によって経験する痛みや悔しさが新しい知識を受け入れる素地を作り、様々な知識を学び、考え、経験しながら、そこで得たものを普遍的な知識として吸収して、最終的に真の理解が達成されます。

目次

失敗から学ぶ勇気

その第一歩は、自ら行動することから始まりますが、その結果として経験せざるを得ない失敗は、決して恐れるものではありません。

むしろ、それは私たちが本当の知識を得るために避けては通れない、ひとつのプロセスです。

自分や他人の過去の成功から学ぶことも大切ですが、新しいことへの挑戦には、失敗という経験を直接受け入れる勇気が必要です。

感情を通じた学び

失敗をすると、私たちは痛みや悔しさを感じます。

じつはこれが非常に大切なことで、これによって人は、新しい知識を受け入れる素地を作ることができるのです。

実際に経験し、体感することで得られた知識は、暗記試験対策のために行う学校の勉強のようなものに比べれば、実際に使える場面もはるかに多く、実践的なものとして自分の中に根付くのです。

成功者の共通点:失敗からの学び

ビジネス、スポーツ、学問の分野で活躍する人々の多くは、失敗を経験してから大きく成長しました。

そのことを指して、「失敗をバネにする」などといいますが、この「バネ」というのが受け入れの素地のことです。

さまざまな分野で成功を収めている人たちは、失敗を経験することで強固な「受け入れの素地」をつくり、それをバネにして大きく飛躍しています。

その意味では、その人が獲得できる知識の量は、まさにどれだけ多くの失敗を経験したかによって決まるといっても過言ではありません。

よい失敗と悪い失敗

もっとも、なんでもかんでもとにかく行動して闇雲に失敗すればよいというわけではありません。

失敗を大きく分類すると、「よい失敗」と「悪い失敗」に分けることができますが、成長に必要なのは「良い失敗」です。

失敗から得られる知識の質でいえば、「よい失敗」を経験することが求められます。

ここでいう「よい失敗」というのは、個人が成長する過程で必ず通らなければならないもので、また、体験しておいた方が後々のためになるという類の失敗です。

基本的には個人が初めて経験する失敗は、大きな損害をまわりに与えない限り、その人の成長に必要なものですから、「よい失敗」といっていいでしょう。

一方で、不注意や誤判断など単純ミスが原因で繰り返される失敗は、「悪い失敗」といえるでしょう。

「悪い失敗」を何度も繰り返すのは、そこから生じる無意味な被害を大きくして自分やまわりに多大な迷惑をかけたり、また、いたずらに失敗を重ねる悪癖を身につけたりすることにつながります。

いくら人の成長には失敗が必要だといっても、「悪い失敗」は可能な限り避けるべきです。

さいごに

私たちの生活において、失敗は避けられないものです。

しかし、その失敗をどのように捉え、何を学び取るかが重要です。

特に子どもには、失敗を恐れずに新しい挑戦をし、そこから学ぶことの大切さを教えてあげましょう。

失敗は成長へのステップであり、成功への道標なのです。

子どもの学びについて真剣に考える親御さん限定の説明会です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次