子どもの学習ストレスを理解し、解決する方法

子どもの勉強にストレスを感じる

子どもの成績に対する親の期待とストレス

子どもの学習に関する親の期待は高く、成績表を見るたびに失望やイライラを感じることがあります。

「こんな問題が解けなかったの?」「やる気があるの?」「何度言えば分かるの!勉強しなさい!」などと言いたくはないけれど、子どもに言ってしまうこともあるでしょう。

これは親が子どもに求める「学力のハードル」が原因であることが多いです。

例えば、ある特定の高校(難関校、上位校など)への進学や学年での上位ランク入り、高い点数など、子どもに対して設定された目標が達成されないと、親は不満を感じることがあります。

ハードルの見直しと具体的な目標設定

子どもの学力に見合った現実的な目標を設定することが重要です。

例えば、偏差値が55の子どもには、いきなり65という高い目標を設定せず、まず58を目指すようにアドバイスするなど、ハードルを適切に設定します。

更には、「偏差値58なら、あと10点足らない」「10点取るには、この問題とこの問題を解ければ大丈夫だな」「そのためには、これとこれを頑張るようにアドバイスしよう」などとできるだけ具体的にアドバイスをすると良いでしょう。

平均点以上でも、基本を十分に身についていなければ、トップレベルの成績までは時間がかかります。

具体的な勉強方法の提案も有効で、達成可能な小さな目標を掲げることで、子どもは自信を持って学習に取り組むことができます。

親と子の間違った認識とその修正

親と子の間には、しばしば誤解が生じます。

例えば、子どもがテレビゲームをしているのを見て「やる気がない」と判断するのは早計です。

子どもが教室ではしっかり勉強しているなら、ゲームをすること自体が問題ではありません。

神経質になると、ちょっとしたことでも悪い方へと考えてしまう傾向があります。

親子間のコミュニケーション不足が原因で生じる誤解を解消し、事実に基づいた冷静な評価が必要です。

親子の信頼関係の構築

親子の信頼関係を築くことは、子どもの健全な学習環境を作る上で非常に重要です。

子どもを否定的に見るのではなく、肯定的に支え、理解する姿勢が大切です。

母親に「勉強しなさい」と言われただけで、子どもは「自分は嫌われている」と妄想してしまうこともあります。

子どもが「いつも被害者だ」と感じるような環境は、学習のストレスを増大させ、成果を出すことを困難にします。

まとめ

この記事では、子どもの学習に関するストレスの原因と対処方法を詳しく解説しました。

親の期待値の見直し、具体的な目標設定、誤解の修正、信頼関係の構築など、子どもの学習環境を改善するための実用的なアドバイスを提供しています。

これらの知識を活用することで、小学生、中学生の母親が子どもの学習をより良くサポートできるようになるでしょう。

子どもの学びについて真剣に考える親御さん限定の説明会です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次