塾長のつぶやき:短編記事集2022.10②

 

自学力 塾長のつぶやき 子育て・家庭での勉強法 塾長の指導観・受験観

塾長のつぶやき:短編記事集

岡山朝日高校受験専門進学塾サンライズ塾長です。

10月のつぶやきシリーズ第2弾です。

ちょっとした時間にすぐ読める短編記事になっています。

家事の息抜きにどうぞ。

基礎処理能力 10/6①

受験勉強に必要不可欠な能力とは何でしょう?

大学受験に向けて勉強をしていても、時間がかかる、あるいは時間をかけた割に理解ができていないのは、基礎処理能力の不足にあります。

具体的には、

・分からないところがあって、解説を読むが、書いてあることの意味がよくわからない。

・計算が遅い。

小中学校の間は、問題や計算が解けるかどうかだけでなく、「その問題をどれだけの時間で解けるか」ということにも注意を払う必要があります。

小学生・中学生で、解けない問題ばかりをやってしまう人もいますが、解ける問題が短時間では解けない場合もあります。

「簡単な問題は、やらなくてもよい」は、高校生になってからすればよいのです。

高校生の部屋 10/6②

高校部は、専用のブースがあるのですが、必要なものは全て揃えてあるので、一度入ると、帰るまでその場を離れる必要がないほどです。

しかも他の席とは空気が違うため、騒がしい空間が好きな人、周りが勉強している状況が耐えられない人、中途半端な気持ちで勉強をしに来た人にとっては非常に居心地が悪いようです。

高校生だけでなく、塾全体の雰囲気も同様です。

ドラゴンボールの「精神と時の部屋」のような感じでしょうか。

成績の上がる学習環境をトコトン追求した結果です。

プロ 10/18①

昔、面談にて、あるお母さんから言われた言葉があります。

「やっぱりプロの先生に教わらないといけないですね。大学生のアルバイト講師では難しいですよね。」

はい、難しいと思います。

小・中学生の教科指導であれば、対応できる学生はいます。

でも、難関中学、難関高校、難関大学の指導は、実際に合格した者、何人も合格させた経験をした者でしか語ることのできない分野です。

未経験の人が、「君たち、医学科にいくにはな~」と語れるでしょうか?

つまずきがあった時に、「そういう時は、こうしたらいいんだよ」と解決策をさっと示せるのでしょうか?

学生が勉強を教えること自体は、否定しません。

塾長も学生時代に中高生に指導したことがあります。

十分教えられます。

でも、保護者の方にアドバイスはできないんですよね。

学生ではできないことを誰がアドバイスしてくれるのか、誰もしてくれないなら・・・。

不安になりませんか?

我が子のことを一生懸命指導してもらえているのかどうか、確認してみてください。

  • 名前も出てこない。
  • 得意科目・苦手科目を知らない。
  • どんな勉強の癖があるのか。
  • 最近どんなことを話したのか。
  • どうすれば、勉強ができるようになるのか、そのために今何をしているのか。

など・・・。

これらは、当たり前のことだと思います。

当たり前のこともできないようでは、指導する資格すらないと思っています。

そういう意識の差が、プロかプロじゃないか、ということになるのかなと思います。

子どもがいたずらをする理由 10/18②

魔の2歳児という言葉がありますが、子どものいたずらに参っているお母さんもいるのでは?

子どもはいたずらで注意を引こうとしているのですが、注目を集めるのに、いつもいたずらされては困りますよね。

いたずらで注意を引くのは、注目が足りていないからです。

笑いかけたり、ウィンクをしたり、励ましの言葉をかけたり、抱きしめたり・・・

ポジティブなかたちで注目されると、子どもはネガティブな方法で注目を集めたがらなくなります。

是非やってあげてください。

小崎 高寛

県立岡山朝日高校受験に特化した進学塾サンライズ塾長。岡山県岡山市出身。岡山市北区に2005年3月開塾。「算数・数学徹底塾」に変わり、最も得意な上位層対象、難関高受験に特化した「岡山朝日高校受験専門塾」に至る。1歳児から高3までを対象とし、自主自律をモットーに、難関大学受験を見据えた指導、幼児~高校を通じて生涯役立つ「考える力」「自学力」を伸ばす。以来、中3の大半が岡山朝日高校に合格だけでなく、大学進学でも東大・東工大・阪大・名古屋大・九州大・岡大医学部医学科・慶應大・早稲田大など超難関国立大・有名私立大の合格実績を残している。「自学力の育て方」(KADOKAWA)など3冊を共著出版。塾長・講師ともに全員岡山朝日高校出身。岡山中央小学校、岡山中央中学校出身。

関連記事