国語読解力養成講座受付中!個別学習相談会実施中!【無料体験授業受付中!】KADOKAWAより「自学力の育て方 受験突破だけで終わらないために」を出版。全国書店・インターネットにて発売中。

岡山朝日高校 学力検査自校作成問題【数学】平成29年度(2017年度)入試 大問1 解説

【岡山朝日高校過去問解説シリーズ】

今回は、2017年(平成29年)岡山朝日高校入試の数学大問1の解説です。

問題は岡山朝日高校公式HPからダウンロードしてください。

あくまで【解説】なので、解答ではありません。(単位はつけましょう。)

どのような思考・手順で解けばよいのかに重点を置いています。

まずは時間を測りながら、自力で解いてみて、その後に読むようにしてください。

途中式や計算、証明問題などで簡単なところは省略している場合があります。

記述問題の解答は、岡山朝日高校公式HPにある解答例を参考にしてください。

問題の難易度を★の数で表しています。★1~2個の問題は必ず解けるように。

目安時間以内に解ければ、制限時間45分以内に完答できるでしょう。

大問1【目安時間:10分】

①★文字式の利用【目安時間:1分】

2次式の利用の問題です。

一般的には文字式を簡単な式に整理してから代入します。

$x^2-2x-3=(x+1)(x-3)$

$x=2+\sqrt{ 3 }$を代入して

$(\sqrt{ 3 }+3)(\sqrt{ 3 }-1)$

$=\sqrt{ 3 }(\sqrt{ 3 }+1)(\sqrt{ 3 }-1)$ *

$=2\sqrt{ 3 }$ ・・・(答)

*のところで$\sqrt{ 3 }$を因数とする発想があるとよいですね。

②★★球の表面積、指数【目安時間:3分】

球の表面積は$S=4πr^2$

気を付けないといけないのは、単位です。

6400㎞に対して、表面積は㎡です。

$4π(6400000)^2=2^2π(8^2×10^5)^2$

$=2^2×(2^6×2^5×5^5)^2π$

$=2^2×(2^{11}×5^5)^2π$

$=2^{24}×5^{10}π$

よって

$m+n=34$ ・・・(答)

➂★★1次関数【目安時間:2分】

$x$の変域が$0≦x≦b$のとき

$y=-2x+5$の最大値(最も大きい$y$の値)は5($x=0$のとき)

最小値は(最も小さい$y$の値)は$x=b$のときです。

$y=ax-1$のグラフは切片が-1であることから、$y$の変域が一致するとき

$a>0$で最大値は5($x=b$のとき)、最小値は-1($x=0$のとき)だとわかります。

(色んなパターンを考えてみると、上記以外は条件に当てはまらないことがわかります。)

よって$y=-2x+5$に$(b,-1)$を代入して

$-1=-2b+5$

$b=3$ ・・・(答)

$y=ax-1$に$(3,5)$を代入して

$5=3a-1$

$a=2$ ・・・(答)

④★★反比例、変化の割合【目安時間:1分】

「$x$の値が-4から-2まで増加するときの変化の割合が-2」

このことから、グラフは第3象限(座標平面において、$x$も$y$も共に負の値を取る領域)であることがわかります。

「$x$の値が-4から-2まで」・・・第2象限または第3象限

「変化の割合が-2」・・・$x$の値が-4と-2のときのグラフ上の点を結ぶと傾きが負(右下がり)

$x$の増加量は2だから、$y$の増加量は-4

$y=\frac{a}{x}$に-2,-4を代入すると$y$の増加量は$-\frac{a}{4}$

よって$a=16$ ・・・(答)

⑤★平均【目安時間:1分】

平均の問題です。

この問題は、解き方によって随分時間が違うと思います。

面倒で時間がかかるやり方は推奨しません。

以下の考えで解くと大幅に時間短縮できると思います。

ポイントは「平均点の最も大きな場合の値と最も小さな場合の値の差」

これをどのように考えるかですね。

平均点の最も大きな場合とは、それぞれの階級の最大値で考えるときです。

上から順に、20点、19点、16点、13点、10点、7点

逆に平均点の最も小さな場合とは、それぞれの階級の最小値で考えるときだから、

上から順に、20点、17点、14点、11点、8点、0点

ここで人数をかけて点数を合計して20で割って・・・とやると面倒なので、却下。

表にまとめてみます。

最大20191613107
最小2017141180
022227
人数325424

それぞれ、最大と最小の間に差があります。

「最大値の合計と最小値の合計の差」は、【差の合計】と同じです。

差が2の人数は2+5+4+2=13だから

2×13+7×4=54

54÷20=2.7 ・・・(答)

⑥★場合の数、確率【目安時間:1分】

(ア)

5枚のカードから3枚のカードを取り出す場合の数は、

$\frac{5×4×3}{3×2}=10$ ・・・(答)

(イ)

3つの数の積が偶数になるには、少なくとも1つは偶数であればよい。

積が奇数になる場合、すなわち3つとも奇数であるのは1,3,5の1通り。

よって、偶数になるのは10-1=9(通り)だから$\frac{9}{10}$ ・・・(答)

以上、2017年度(平成29年度)岡山朝日高校入試の数学大問1の解説でした。

過去問解説記事一覧はこちら↓

合わせて読みたい

過去問の解説記事をまとめました。今後随時アップしていきます。2004年度(平成16年度)岡山朝日高校学力検査自校作成問題【数学】大問1解説大問2解説大問3解説大問4解説[…]

今より満足できる授業を体験してみませんか?

『朝日高校上位合格への第一歩!』

サンライズでは、授業に納得してから入塾できるように無料体験授業を用意しています。

体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

まずは、面談にてお悩みや塾に関する疑問点を解消しましょう。

面談のご予約・お問い合わせページへ

>知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

岡山から世界に通用する人材を!

校内で1位、県内で1位では満足できない子供たちの集団『岡山朝日受験専門サンライズ』の魅力は授業にあります。現状で満足できない、勉強に飢えているあなたのために、無料体験授業を用意しました。体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や岡山朝日合格のための勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

CTR IMG