思考を促す

子育て・家庭での勉強法 優秀児育成のための最高の勉強法 サンライズの指導方針 塾長の指導観・受験観

正解を知りたがる

よく「解らないことは質問しなさい」と子どもは親に言われます。

言われるがままに、子どもは質問をするのですが、

よくよく尋ねてみると、正解を知りたがる子が多いことに気付きます。

中には、「これは試験に出ますか?」と聞いてくる子も。

受験勉強では、正解が何かを突き詰めていくことが多いからでしょう。

考えるきっかけを与える

国際バカロレアをご存じでしょうか?

世界150以上の国や地域にある約5000の認定校で実施されている教育プログラムで、

「なぜだろう?」と繰り返し問いながら分析を深めていく対話型の授業が特徴です。

国際バカロレアでは、「根拠があれば、それは1つの答えである」というのが考えにあるので、

「自分の意見はどうなのか?」「なぜそうなるのか?」ということを重視しています。

先生は、「教える」というよりも生徒と共に学ぶ「学習者」であり、授業は子どもが主体です。

子どもが自分の頭で考え、決断し、行動できる力を伸ばしていくという理念です。

考える力は、教えたり指示するのではなく、子どもに考えるきっかけを与えることで養えるのです。

考える力を養うために

答えを教えない

子どもから何かを質問されたら、すぐに正解を教えないで、

「あなたはどう思う?」

「なぜだろうね?」

と問いかけます。

すぐに答えの解らないワクワク感が、考えるきっかけになるからです。

自分で考えようとしない場合は、一緒に調べたり考えたりしてあげることで、

ただ正解を教えるのではなく、学ぶプロセスを体験させます。

質問させる

子どもにはたくさん質問をしてもらいます。

(我が家では質問ばかりするので、「ナンデマン」と愛称をつけて呼んでいます。)

質問したがらない場合には、親の方から「パパ(ママ)はこう思うんだけど、あなたはどう思う?」

などと質問をしてみます。

子どもは親を手本に言葉の使い方を覚えていきます。

たくさん質問する子は、親も子どもにたくさん質問をしているという調査結果もあります。

(実は、元々私が「ナンデマン」と呼ばれていました。)

あえて反論する

ディベートなどで、多数派に対してあえて批判や反論をする役割の人を「悪魔の代弁者」と呼びます。

この役割を親が担うことで、子どもが考えるきっかけを作れます。

子どもの発言に対して、「それって本当?」などと切り出して、

あえて真逆の意見をぶつけてみるのです。

例えば子どもが、

「地球は丸いに決まっている」と言ったのに対して、

「本当?じゃあなぜ地面は平らなの?」

などと、常識と思われていること、当たり前のことに対して反論をし、

考えるきっかけを与えるのです。

関連記事