子どもの読解力を向上させる:家庭でできる4つの効果的な方法

読解力を高めるために 家庭でできる4つのこと

「読解力を身に付けるためにどんな勉強をすればよいのだろう」と思われている親御さんは多いと思います。

実は、机に向かって勉強する以外にも、読解力を身に付ける方法はあります。

ここでは、4つの具体的な方法を挙げますので、実践してみてはいかがでしょうか。

1. 様々なジャンルの番組を視聴する

語彙力の拡大

家庭で子どもと一緒にNHKの大河ドラマやナショジオ(ナショナル ジオグラフィック)などを見ることで、日常生活ではあまり聞かない言葉に触れさせることができます。

これは、子どもの語彙力を自然に拡大し、同時に歴史や科学などの知識も深めます。

歴史と語彙への理解

例えば、大河ドラマを見ることで、子どもは「幕府」「朝廷」といった歴史用語をより深く理解することができます。

これは、教科学習への興味を促進し、読解力を自然に高める効果があります。

2. テストの答え合わせを共にする

読解力と自己チェック

テストの答え合わせを一緒に行うことで、子どもは自分の書いた答えを正確に理解し、評価する力を養います。

正解だけでなく、なぜその答えが正しいかを理解することが重要です。

実践的なアプローチ

例えば、数学の問題で、答えが複数の形式で正しい場合や、英語での細かなスペルの違いなどに気付く能力は、読解力を直接養います。

答え合わせは子ども自身でできると思われるかもしれませんが、自分自身では、正解か不正解かがわからないという場合もあります。

それを答えを丸写しするだけで終わらせるのではなく、なぜ間違えたのかを考えさせながら答え合わせをさせましょう。

これにより、子どもは自分の考えをより深く理解し、表現する力を身に付けます。

3. 要望へのプレゼンテーション

論理的な思考の育成

子どもが何かを欲しがった際に、その要望に対して「なぜ必要か」を説明させることで、論理的な思考を育てます。

これには、子どもが自分の要望を明確に表現し、理由付けする能力が求められます。

日常会話での実践

「このおもちゃが欲しい」と言った場合、その理由を詳細に説明させることで、子どもは自分の考えを整理し、それを言葉で表現する練習になります。

問題が解けずに、すぐに答えを聞きたがる子に対しても同様です。

「なぜ買わないといけないのか?」「みんな持っていると言うが、みんなとは誰のことか?」など、普段から論理的に説明できるように促します。

4. 日常会話での完全な文の使用

コミュニケーション能力の向上

日常的に家庭内でのコミュニケーションに完全な文章を使用することで、子どもの言語表現能力を高めます。

これにより、子どもは自分の考えや要望を、より明確に伝えることができるようになります。

実例としての応用

例えば、子どもが「ママ、これ」「(手を差し出して)ちょうだい」「お茶」と言った場合、それを具体的な要求文に直させることで、彼らの表現力と読解力を同時に養うことができます。

この記事では、家庭で簡単に実践できる子どもの読解力向上のための方法を紹介しています。

これらの方法は、親が子どもと共に日常生活の中で実践できるものであり、子どもの学習能力だけでなく、総合的な思考力を高めるのに役立ちます。

是非、実践してみてください。

子どもの学びについて真剣に考える親御さん限定の説明会です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次