やるなら徹底的に。

子どもの将来を考える親は、

誰もが我が子に幸せな人生を歩んで欲しいと願っているはず。

「勉強は、やればやるほど楽しくなる」

正にその通りだと思います。

そして、勉強をすればするほど、視野も広くなるし、

充実感も得られ、それが幸福感にもつながります。

テスト対策を通じて、一番伝えたいことは、

「自分の限界を超えること」

その先の達成感や充実感を味わってほしいからです。

日々、己の限界を越えようと切磋琢磨しながら練習をして、

試合で勝利した時の喜びと、

中途半端な練習で、たまたま勝った試合の喜びとでは、

雲泥の差です。

子どもたち自身に予定を立てさせると、

ほとんどの子は、自分の能力の許容範囲内で作成するでしょう。

もちろん、中には、そのたてた予定よりも

更に早く進める子もいますが、

塾長は、子どもたちの限界スレスレを見定めながら、

アドバイスします。

「もうちょっといけるんじゃない?そうすれば・・・」

塾長は、あくまでサポート。

やるのは子ども本人なので、できる限りのサポートをしていきます。

ただ、「ヤレヤレ」と言っても、子どもたちはついてきません。

頑張ったら、頑張っただけの成果が、その先にあるんだということを、

しっかりと示してあげなければなりません。

そうやって、毎日勉強を積み重ねていると、ある時気付く時がきます。

自分の限界をいつの間にか超えていることを・・・。

関連記事