雪はどうやってできるのか。

雪は、上空で、水が凍ってできると思っている人が多いようですが、

実は、違います。

上空では、気圧が低いため、凝固点が下がり、

およそ-20度位で氷になります。

しかも、雪は、水蒸気が水にならず、

いきなり氷になってできるのです。

これを昇華と言います。

昇華とは、気体が固体になる、

あるいは固体が気体になることを指します。

ドライアイスがそうですね。

ちなみに、雪の結晶を見たことがありますか?

テレビや、本などで見たことある人もいるでしょう。

多くは、六角形で、規則正しい形をしています。

なぜ、あんな形になるかというと、

水の分子の構造に原因があるのですが、

さすがに難しい話になるので、割愛。

あ!奇麗だからといって、絶対に食べたらダメですよ!

雪ができるには、雪の核となる氷晶核が必要なのですが、

その核になるのが、上昇気流によって舞い上げられた

土などの塵なのです。

ですから、雪は、実はとっても汚いってことですね。

後、よく子どもたちから質問されるのは、

「雪はなぜ白いの?」ということです。

雪は、氷でできていますから、当然、透明のはずですよね。

でも、白い。

これは、雪の結晶の中に、空気を含んでいるため、

乱反射が起こり、白く見えるのです。

ガラスを粉々にしたら白くなったり、かき氷が白いのと同じ理由です。

そういえば、大学の化学の問題で、

「なぜ、海の水は青く見えるのか?」

という問題が出たのを思い出しました。

化学って面白いですね。

関連記事