helpではなくassist

 

「assist」の意味は「助ける」ですが、似たような意味を持つ単語に「help」があります。

でも、assistとhelpには、私は大きな違いがあると思います。

例えば、helpは、

「まったく、勉強のできない困った子だから、何とかしてあげなくちゃ」

つまり、主役は親(または先生)なのです。

一方、assistは、

「子供の能力を引き出すには、どうサポートできるか」

主役は子どもです。

子どもを肯定的にみるか、否定的に見るかの違いは、とても大きく影響します。

help型なら、「問題集の3番と5番をやりなさい」などと一方的に指示して、できないと、「まだわからないのか」とヒステリックにののしり始めます。

assist型なら、できない問題があっても、「どうやったら、できると思う?」と子どもに問いかけ、自分の頭で考えさせ、ヒントを与えます。

そこには、子どもとの会話が成り立つ信頼関係があります。

その結果、成績が上がれば、子どもは、「自分でやった」という思いがあるので、充実感や達成感を実感でき、「もっとやって、喜ばせよう」と努力するのです。

だからこそ、assist型で子どもと関わり、自主性を伸ばしてあげたいな・・・と、思うのです。

小崎 高寛

県立岡山朝日高校受験に特化した進学塾サンライズ塾長。岡山県岡山市出身。岡山市北区に2005年3月開塾。「算数・数学徹底塾」に変わり、最も得意な上位層対象、難関高受験に特化した「岡山朝日高校受験専門塾」に至る。1歳児から高3までを対象とし、自主自律をモットーに、難関大学受験を見据えた指導、幼児~高校を通じて生涯役立つ「考える力」「自学力」を伸ばす。以来、中3の大半が岡山朝日高校に合格だけでなく、大学進学でも東大・東工大・阪大・名古屋大・九州大・岡大医学部医学科・慶應大・早稲田大など超難関国立大・有名私立大の合格実績を残している。「自学力の育て方」(KADOKAWA)など3冊を共著出版。塾長・講師ともに全員岡山朝日高校出身。岡山中央小学校、岡山中央中学校出身。

関連記事