受験勉強をしても効果を感じない原因とは

勉強法 英語

受験が近づきつつある今、

 

あなたは毎日受験勉強を頑張っていることだろう。

 

家で、あるいは塾で。

 

今日は何を勉強しようか。

 

「今日は英語を勉強しよっと。」

 

もしあなたが、こんなことを言えば

 

塾長はこのようにつっこむ。

 

「英語の何を勉強するの?」

 

あなたならどう返すだろうか?

 

咄嗟には答えられないかもしれない。

 

もし、そうなら非常にまずい。

 

医者と患者のやり取りに例えて考えてみよう

 

「あの~。お腹が痛いんですけど。」

 

「そうですか。じゃあ、胃薬を出しておきますね。」

 

流石に、こんなやり取りで終わらない(笑)

 

これでは、「薬を飲んだけれど効果がなかった」、

 

「あの先生はやぶ医者だ。」と思うかもしれない。

 

でもそれはあなたが「お腹が痛い」としか伝えていないから。

 

・どのくらい痛いのか。

 

・どこが痛いのか。

 

・いつから痛いのか。

 

・どのように発症したのか。

 

・どうすると痛みが強くなるのか(弱くなるのか)。

 

・どんな痛みなのか。

 

・他に症状はないのか。

 

詳しく伝えていけば、お医者さんも原因は何なのか、

 

どのように対処すれば治るのかがわかる。

 

つまり、具体的な状況を把握していけばいくほど、

 

適切な対処が見つかり、

 

解決につながるということだ。

 

学習も同じことが言える

 

塾も同じである。

 

塾長と生徒の関係。

 

「英語を勉強する」と

 

漠然とした内容を告げられた場合、

 

塾では以下のようなやり取りになるだろう。

 

「何で英語を勉強するの?」

 

「実は先日の学校のテストで、英語が悪かったので・・・。」

 

「なんで悪かったの?」

 

「英語が長文読解ができなかったからです。」

 

「じゃあ、何を勉強したらいいのかな?」

 

「長文読解を勉強します。」

 

「長文読解っていっても、色々なパターンがあるよね?

 

どんな問題で間違えたの?」

 

「指示語があって、それが指している内容を日本語で答える問題でした。」

 

「あとは、穴埋め問題です。」

 

「それなら、この過去問集がいいよ。ここを見てごらん。あなたの間違えた問題のパターンはこれじゃない?」

 

「あ!!これです、これです。ありがとうございます!」

 

漠然とした計画では、効果的な学習につながらない

 

ただ、英語の問題集を解く。

 

ただ、過去問を解く。

 

こんな勉強では、苦手意識はなくならない。

 

むしろ、勉強しても効果が出ないと感じ、逆効果である。

 

漠然とした計画、漠然とした勉強内容の場合、

 

結局何を解決したのかわからないままで終わってしまう。

 

特に成績上位層なら、理解不足なところが限られているので、

 

ピントのずれた勉強になりやすい。

 

受験まで残りわずか。

 

時間を無駄にせず、ひとつひとつ解決していって欲しい。

関連記事