多読について

国語 勉強法 英語

オープンチャット「爆裂個人塾長座談会閲覧所」

 

でちょうどタイムリーなテーマを見つけたので、

 

そのことについて書きます。

 

なぜタイムリーかというと、

 

先日の保護者セミナーで話したことだったんですね。

 

【質問内容】

 

小5保護者です。

 

英語多読についてどう思われますか?

 

【多読】とは

 

英語力アップの方法として注目されています。

 

多くの本を読むことで、英語の文章を大量にインプットする学習法です。

 

文法、語彙力がなくても、絵本に始まり、徐々にレベルを上げ、

 

読んでいく中で自然と語彙力を身に付けていく・・・。

 

英語を習得した人の多くは、大量の英文に接することによって

 

英語を身に付けています。

 

英語を身に付けるならコレ!

 

という「究極の勉強法」のようです。

 

私も、多読は読解力を身に付けるには最適と考えています。

 

多読が成果の上がらないわけ

 

じゃあ多読さえやれば、誰でも英語が習得できるのか、

 

というと違います。

 

意味の分からない英文をいくら沢山読んだところで、

 

全く効果が出ないのです。

 

おそらく、少し読んで挫折してしまうでしょう。

 

英語でなくて、別の言語で考えてみてください。

 

アラビア語で書かれた文章を沢山読んで、

 

自然とアラビア語がわかるようになると思えますか?

 

普通は、1つも読めないで終わりますよね。

 

日本語は、読むときにそれを音声化して脳でイメージできます。

 

でも、アラビア語では、何もイメージできない・・・。

 

英語は・・・?

 

そう、その前に必要なことがあるのです。

 

多読の前にすべきこと

 

そもそも、音声化できないと読めないんですよね。

 

ですから、まずは「読む」力を身に付ける必要があります。

 

皆さんは、国語の宿題で音読をやったことがあると思います。

 

声に出して読む。

 

これを素読と言いますが、

 

ひたすら英文を声に出して読むのです。

 

中学レベルでOKです。

 

内容を理解する必要はありません。

 

大量にインプットすることによって、

 

英語を英語で理解する回路を作るのです。

 

これができるようになってから、

 

多読をすると、英語の理解力が向上します。

 

「素読をやってから、多読をする」

 

ぜひやってみてください。

関連記事