やる気が出ないのは、やりたくないから

やる気が出ないのは、やりたくないからです」なんて言われると、

「そんなの当たり前だ!」と思われるでしょう。

中には、「それを何とかするのが塾の仕事だろ!」と

(言われたことはありませんが)思っている人もいるのでは?

入塾時に、親御さんがよく言うことは、

・うちの子は勉強しない。

・うちの子はやる気がなく、私が見ていないと自発的に勉強しない

・うちの子はケアレスミスが多い

・何も話してくれないし、子どもが何を考えているのかわからない

・集中力がない

この中のいずれかにほぼ当てはまります。

もしかすると、自分のお子さんには、

どれもが当てはまるように思えませんか?

特に「うちの子はやる気がない」というお母さんは多いです。

でも、ほとんどの子どもは、テレビを見たり、ゲームをしたり、

マンガを読むことは大好きです。

やる気まんまんなのです。

実は、ほとんどの子は元々やる気がないわけではなく、

「やりたくないことにはやる気がない」だけなのです。

「大人になったらケーキ屋さんになりたい」などと、

小学生なら、子どもらしいことを言います。

そんなとき、「何を馬鹿なことを言っているの!

勉強して大学に行きなさい」と頭から否定し続けると、

子どもは、「何を言っても無駄だ」とか

「どうせ怒られるから何も言わないようにしよう」と思い始めます。

こうなると、危険信号ですよ!

やりたいこともどうせ理解してもらえない、とあきらめてしまうと

頑張ってみようというチャレンジ精神までなくなっていき、

自主性の乏しい子どもになってしまうのです。

「単に、やりたくないことにやる気が出ないだけ」

と思える広い心を持ちましょう。

そして、勉強以外の「やる気」についても、楽しんで聞いてあげましょう。

関連記事