英語は先取りで

サンライズのスマートイングリッシュの目標は、

「小学生で英検準2級以上に合格」

です。

小学生のうちに英検準2級に合格する子は、

遅くとも高1までに英検準1級に合格します。

2020年教育改革により、英語教育のゴールが明確になりました。

それが「CEFR B2レベル」を高校時代までに取得することです。

これが達成できれば、大学入試の英語外部試験において

「みなし満点」「得点加算」など優遇措置を得ることができます。

CEFRのB2レベルを達成するには、

英検準1級合格が目安となります。

現在の子どもたちの英語レベルからすると、

来たる大学入試において、

英語で非常に苦労することが目に見えています。

ですから、サンライズでは将来英語に困らないよう、

小学生、中学生の英語は本来学習する内容よりも

先取りさせています。

既に、中学生には、

中1で英検3級レベル、

中2で英検準2級レベル、

中3で英検2級レベル

の指導をしています。

最初は戸惑いますが、1年もすれば

学年以上の知識が身に付きます。

小学生のレベルが今後上がってくれば、

中学生は持ち上がりの生徒と、新規生と分ける必要が

あるかもしれませんね。

関連記事