子どもが目標を達成するための親のサポートガイド

目標達成

1. 目標を具体化して現実感を持たせる

明確性が鍵

目標を設定する際、具体性が重要です。

例えば、「もっと積極的になる」「毎日家で勉強する」という目標は抽象的で、子どもが実際の行動に移しにくく、本当にできたかどうかの達成の評価も難しいです。

目標を立てるときに重要なことは、なるべく具体的にして、その目標が達成できたら〇、できなかったら×をつけられるくらいに明確にすることです。

子どもが、「もっと積極的になる」と言えば、「積極的ってどういうことかな?」と聞いてみるとよいです。

子どもが積極性を示す具体的な行動(大きな声で挨拶する、自分から発言する、言われる前にやる、自分から話しかけるなど)を定めることで、目標は現実的かつ評価可能になります。

目標の具体化の例

例えば、次のように目標を明確化することで、現実性が増していきます。

  • 「大きな声で挨拶する」を「いつもの2倍の大きな声で挨拶する」と明確化。
  • 「毎日家で勉強する」を「夜7時半から2時間机に向かう」と具体化。

可視化の重要性

目標は紙に書き、目立つ場所に掲示することで、子どもが目標を意識し続けられるようにします。

目標を達成した際には、お母さんの笑顔と「よく頑張ったね」という褒め言葉によって、「やればできる」という感覚を育みます。


2. 目標はスモールステップで

小さなステップから

目標を立てる際は、小さな成功体験から始めることが肝心です。

例えば、勉強習慣のない子どもが、「毎日3時間勉強する」といった大きな目標から始めても長続きしません。

実例: Aくんのケース

勉強の習慣がなく、遅刻の多いAくんは、最初「毎日、学校帰りに塾に寄り道する」という目標から始めました。

すると、毎日ニコニコ顔で来るようになり、遅刻や欠席をしなくなりました。

次に、「毎日3分間だけ集中して机に向かう。それ以上はしない。」という目標を設定し、徐々に勉強時間を伸ばしていきました。

わずか3分でも、まずは毎日の勉強習慣を身につけることが大切です。

無理に長時間勉強させても、勉強するフリをするか、ますます勉強嫌いになるだけです。

最初のうちは、「3分やったから」といって、その後は漫画やテレビゲームをやっていたようですが、「3分以上するな」というと不思議なもので、Aくんは1ヶ月もしないうちに1時間以上も勉強するようになり、受験で合格しました。

スモールステップの効果

小さな目標を達成することで、子どもは次のステップへの自信とやる気を得ます。

目標は小さなステップに分けて、できるところから始めて、確実にクリアすることが大切です。

子どもの学びについて真剣に考える親御さん限定の説明会です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次