子どもに目標を達成させる2つの方法

 

子育て・家庭での勉強法 自学力 塾長の指導観・受験観

目標達成

目標を具体化すると現実性が増す

目標を立てるときに重要なことは、なるべく具体的にして、その目標が達成できたら〇、できなかったら×をつけられるくらいに明確にすることです。

「もっと積極的になる」「毎日家で勉強する」という目標では抽象的で、子どもが実際の行動に移しにくいですし、本当にできたかどうか評価もできません。

子どもが、「もっと積極的になる」と言えば、「積極的ってどういうことかな?」と聞いてみてください。

すると子どもは、「大きな声で挨拶すること」「自分から発言すること」「言われる前にやること」「自分から話しかけること」などと言うはずです。

人によって「積極的」の具体的イメージは違うのです。

さらに、ここでのもう一押しが大切です。

「大きな声ってどのくらい?」と返すと、「いつもの2倍の大きな声で」と答えたら、しめたもの。

目標が具体化され、明確になることで、現実性が増していきます。

同様に、「毎日たくさん勉強する」ではダメです。

もっと噛み砕くことが大切なのです。

「夜7時半になったら2時間机に向かう」というくらい目標を具体化する必要があります。

そして、目標は必ず紙に書かせ、目立つところに貼ることも大切です。

子どもに繰り返し目標を意識させることで、着実に効果が上がります。

そして、目標通りにできたときには、少し大げさなくらい褒めてあげて下さい。

ここが最も重要なポイントです。

お母さんの笑顔と、「よく頑張ったね」の一言が、「やればできるんだ」という達成感となって積み上がり、子どもはより積極的に物事に取り組みます。

目標はスモールステップで

目標を立てるときに注意することは、まずは、確実にできる小さなステップから始めることです。

例えば、家で全く勉強しない子が、いきなり、「毎日3時間勉強する!」なんて言っても、三日坊主で終わるだけです。

こんなお話を聞きました。

Aくんは、家での勉強はおろか、塾の宿題もまったくやってきませんでした。

遅刻や欠席も頻繁です。

そこで、「毎日、学校帰りに塾に寄り道していけ」と言ったところ、遊びの延長なのか、毎日ニコニコ顔で来るようになり、遅刻や欠席をしなくなりました。

その次に、「毎日、3分間だけ集中して机に向かう。それ以上はするな」と目標を設定したそうです。

「たった3分」と不安に思う方もいるでしょう。

でも、勉強する習慣のない子に、いきなり、「1時間やれ」と言ってみても無駄です。

無理やりにやらせても、勉強するフリをするか、ますます勉強嫌いになるだけです。

たとえ3分といえども、まずは毎日勉強する習慣をつけることが大切です。

最初のうちは、「3分やったから」といって、その後は漫画やテレビゲームをやっていたようですが、「3分以上するな」というと不思議なもので、Aくんは1ヶ月もしないうちに1時間以上も勉強するようになったそうです。

彼は結局、受験も合格しました。

目標は小さなステップに分けて、できるところから始めて、確実にクリアすることが大切です。

小さな成功体験は次のステップへ進むエネルギーとなり、子どもに大きな自信を与えます。

小さな目標から始めて、少しずつ大きな目標へチャレンジすることが、やる気を引き出すコツなのです。

小崎 高寛

県立岡山朝日高校受験に特化した進学塾サンライズ塾長。岡山県岡山市出身。岡山市北区に2005年3月開塾。「算数・数学徹底塾」に変わり、最も得意な上位層対象、難関高受験に特化した「岡山朝日高校受験専門塾」に至る。1歳児から高3までを対象とし、自主自律をモットーに、難関大学受験を見据えた指導、幼児~高校を通じて生涯役立つ「考える力」「自学力」を伸ばす。以来、中3の大半が岡山朝日高校に合格だけでなく、大学進学でも東大・東工大・阪大・名古屋大・九州大・岡大医学部医学科・慶應大・早稲田大など超難関国立大・有名私立大の合格実績を残している。「自学力の育て方」(KADOKAWA)など3冊を共著出版。塾長・講師ともに全員岡山朝日高校出身。岡山中央小学校、岡山中央中学校出身。

関連記事