目標を具体化すると現実性が増す

子育て・家庭での勉強法

目標を立てるときに重要なことは、なるべく具体的にして、その目標が達成できたら〇、できなかったら×をつけられるくらいに明確にすることです。

「もっと積極的になる」「毎日家で勉強する」という目標では抽象的で、子どもが実際の行動に移しにくいですし、本当にできたかどうか評価もできません。

子どもが、「もっと積極的になる」と言えば、「積極的ってどういうことかな?」と聞いてみてください。

すると子どもは、

「大きな声で挨拶すること」

「自分から発言すること」

「言われる前にやること」

「自分から話しかけること」

などと言うはずです。

人によって「積極的」の具体的イメージは違うのです。

さらに、ここでのもう一押しが大切です。

「大きな声ってどのくらい?」と返すと、「いつもの2倍の大きな声で」と答えたら、しめたもの。

目標が具体化され、明確になることで、現実性が増していきます。

同様に、「毎日たくさん勉強する」ではダメです。

もっと噛み砕くことが大切なのです。

「夜7時半になったら2時間机に向かう」というくらい目標を具体化する必要があります。

そして、目標は必ず紙に書かせ、目立つところに貼ることも大切です。

子どもに繰り返し目標を意識させることで、着実に効果が上がります。

そして、目標通りにできたときには、少し大げさなくらい褒めてあげて下さい。

ここが最も重要なポイントです。

お母さんの笑顔と、「よく頑張ったね」の一言が、「やればできるんだ」という達成感となって積み上がり、子どもはより積極的に物事に取り組みます。

関連記事