朝日高校受験専門進学塾サンライズ スマートイングリッシュ

進学塾サンライズ
小学部 スマートイングリッシュ
小学部 スマートイングリッシュ バイリンガルコース・ライトコース

大学入試の英語が変わる!

2020年度から大学入学共通テストでは、今までの「聞く」「読む」に加えて「書く」「話す」の4技能が評価されます。また「英語外部検定利用入試」と呼ばれ、英検やTOEFLなどのスコアを代替したり、英語が優秀な生徒に対して「英語試験免除」や「みなし満点」などの優遇措置を与える制度が導入されます。これは、大学入試の英語が「英会話」になるということではありません。例えば、導入が最有力とされているTOEFLiBTのspeakingは英会話のような生易しいものではありません。与えられた技術的内容を含む設問に対して限られた時間内にしっかりと自分の意見を言える力が問われます。今までの大学入試でも問われる読解力・文法力・思考力・表現力が前提となり、そのうえでそれを英語で伝える力が必要となります。

小中学校の英語学習要領も変わる!

2020年度から小学5~6年で英語が正規教科になります。また、英語に親しむ「外国語活動」が小学3年生から段階的に導入されます。もう既に現在、移行措置期間に入っており、現在の中学生レベルを小学校で、高校生レベルを中学校で、大学生レベルを高校で学ぶというイメージです。現在の中1・2年の内容を、新指導要領では小学生から「教科」として実施することになり、単語600~700語程度と教科書で学習した文法事項等は、中学生になった際にはそれは習っているという前提で進みます。英語が大きく変わると言われている今、小学校から塾で英語を学ぶことは、中学生が塾で英語を学ぶくらい当たり前になっていくと思われます。

英語教育の最終ゴールは?

2020年教育改革により、英語教育のゴールが明確になりました。それが「CEFR B2レベル」を高校時代までに取得することです。これが達成できれば、大学入試の英語外部試験において「みなし満点」「得点加算」など優遇措置を得ることができます。(大学ごとに外部試験の種類や基準点の詳細は異なります。各大学のウェブサイトを参照してください。)

CEFR B2レベルを達成するためには?

CEFRのB2レベルを達成するには、英検準1級合格が目安となります。では、高3までに準1級を合格するためには、どのような計画で英語を勉強すればよいのでしょう? 現在の英検の各級の目安は以下のようになっています。

◆英検各級目安
5級:中学初級程度
4級:中学中級程度
3級:中学卒業程度
準2級:高校中級程度
2級:高校卒業程度
準1級:大学中級程度
1級:大学上級程度

どうでしょう?上記の基準は親世代の頃から変わっていませんので、この基準に合わせて検定を受検すると、大学受験には間に合わないことがわかります。実際は、上位層でこの基準で受験する人はいませんが、それでも準1級となると非常に高いレベルです。では、新指導要領に合わせて、小5から英語学習を本格的に始めたとして、高3までに準1級を合格するためのプランを考えてみましょう。

◆高校卒業までに英検準1級を取るためには
小5:5級
小6:4級
中1:3級
中2:準2級
中3:2級
高1・2:準1級

高3までに準1級合格といっても、高3になってから入試までに取得したものが有効となるため、実質高2までにそのレベルに到達しておく必要があります。サンライズの中学部は上記の基準に合わせて指導しています。当然、学校レベルを超えるわけですが、それでも勉強の負担はそれなりに大きく、成績を上げるための努力は欠かせません。高校にもなると、予習にかかる時間は大幅に減らせますが、他教科の勉強の負担は中学に比べて大きくなるため、再終的に目標達成となるかどうか、不安は残ります。高校時代に最低1年間留学させればB2レベルに達しますが、経済的負担などを考えると、なかなか実現できることではありません。

小学校時代に英語のリーディング力を育てる

サンライズの考える英語教育は、小学生のうちに英語を先取りさせ、英語に対するモチベーションを高め、主体性を持って英語学習に取り組めるようにサポートすることです。海外留学なしでB2レベルに到達するには、リーディング力が不可欠です。英語の本が読めて、その後継続的にリーディングの練習を積み重ねれば、4~5年でB2レベル達成が可能です。つまり、小学生のうちにリーディングの基礎(初見で英語の本を音読できるレベル)を身につけさせることが重要となります。

小学生で英検準2級以上に合格を目標に

アルファベットからスタートして初級レベルの英語の本が読めるようになるまでに平均で2年かかります。ひらがなから始めて日本語の本をスラスラ読めるようになるのに2年程度かかるのと同じことです。英語の本が読めるようになるまでに2年。そこから毎日30分のリーディング練習を4?5年間継続することで、読書スピードと内容理解を伴う高度なリーディング力を定着させることができます。ですから、必要に迫られてから始めるのではなく、小学生のうちに練習を積む必要があると考えています。また、小学生のうちに英検準2級に合格する子は遅くとも高1までに英検準1級に合格します。そうなると英語の予習はもちろんのこと、高校受験や大学入試においての英語の負担は大幅に減ります。受験勉強で1科目分の時間が減れば、その分他教科に時間を回すことが出来、より高い目標を目指すことが出来るでしょう。

英語を母語のように獲得していく「バイリンガルコース」

昔から、英会話教室や塾で英語を学んできた子の多くは、満足できる英語力が獲得できませんでした。その原因は英語を「外国語」として身につけようとすることにあります。日本人の誰もが日本語を身につけるように、母語を獲得することに努力はしていません。日本語だけでなく英語も身につけるためには、母語の獲得と同様の原理で「使える英語」を身につけさせるプログラムが必要です。週1回の授業だけでは、限界があるのです。
バイリンガルコースでは、0歳~小6を対象に、塾と家庭学習両面から、毎日英語に触れている状態にして、英語を母語のように身につけていきます。0歳~年少までは、家庭学習を中心に定期的なフォローと学習アドバイスを行い、塾の授業が受けられる年中~小6は週1回の授業でフォ二ックスや英文法、リスニング、長文読解などを指導します。また、家庭学習が継続できるかどうかは、チェック機能があるかどうかが重要です。初めはやる気満々で始めても、自分一人の勉強はなかなか続けることが難しいです。巷に溢れる英語教材(高額なものも含めて)を買って始めたものの、結局途中で挫折してしまうご家庭は多いのではないでしょうか。弊塾では、進度状況をオンラインで把握するため、毎回きちんと進められているかを確認できます。
尚、バイリンガルコースは、就学前のお子様からを対象に、子育てや英語の学習に関するアドバイスを定期的に提供し、最終的に大学入試で英語満点を取るためのコースですが、週1回の塾の授業のみの「ライトコース(年中~小6)」もあります。

小1~小3

時間:15:00~16:00

曜日:土曜日

小5~小6

時間:15:00~16:30

曜日:土曜日

資料請求をする

※強引な勧誘は一切いたしません。