読書チャレンジ(2)

こんにちは!

小学校低学年担当の小川です。

先日の話の続きです。

 

1年生になったKちゃんは、

「読書チャレンジ」に参加しなければなりませんが、

絵本とは少し違う漫画は読みなれず、すぐにギブアップ・・・。

講師のどんな声かけにも知らん顔・・・。

1年生までは、このような状況が続き、

保護者もKちゃんに読書を促すことは諦めかけていました。

 

そこで、2年生になった4月に半年がかりの計画を立ててみました。

【1ヶ月目】

図書館へ行き、大好きな絵本を

30分間のみ読ませる時間を作り、

10冊借りて帰る。

→ 岡山市立図書館は何冊でも借りられますが、

30分間のみ、10冊のみと制限をつけることで、

いわゆる腹八分目の状態になり、

また行きたいと思ってくれるようになったそうです。

 

【2ヶ月目】

10冊借りる絵本の中に、1冊だけ、

こちらが読んでほしい本を借りてもらう。

→ この1冊は、2年生の国語の教科書の後ろに掲載されている

「おすすめ図書」です。

あらかじめ、Kちゃんとお母さんで確認してもらいました。

この中には絵本もありますので、

まだKちゃんが読んでいる本は絵本だけでした。

 

【4ヶ月目】

「おすすめ図書」の中の少し長い文章の本も挑戦する。

→ この頃になると、図書館は1時間ほど滞在、

借りる本も20冊(1週間で返却)になっていました。

厚い本の中にも挿絵があり、

文字もそんなに小さくないということを知ると、

Kちゃんは自ら手に取るようになったそうです。

 

【6ヶ月目】

教科書に載っていない「おすすめ図書」を探すようになる。

→ 今までの夏休みの読書感想文の指定図書や

推薦図書なども選ぶようになりました。

 

そして・・・

なんと、Kちゃんは、読書感想文を書き、

「佳作」をとれるまでになりました。

これは、Kちゃんにとって大きな自信になりますよね。

ここまでくると、もうお母さんが何も言わなくても、

Kちゃんのバッグにはいつも本が入るようになりました。

 

そうそう、一つ大事なことを書き忘れていました。

ここまで、Kちゃんが読んでいる本は絵本を含め全て、

お母さんにも読んでもらっています。

一緒にお話を共有することは、

お母さんが大好きなKちゃんにとって、とても嬉しいことですし、

今でもコミュニケーションの一つになっているそうですよ。

私は、このお母さんの協力が、

Kちゃんを「読書好き」に変えた大きな要因だと感じています。



面談のご予約・資料請求・お問い合わせは
↓からお願い致します。
予約専用フォームへ

進学塾サンライズHPへ


ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

コメントを残す