言葉のやりとりから生まれるもの

こんにちは。幼児クラスの吉武です(^^)

 

新学期が始まり、小学校1年生も給食が始まりましたね。

新1年生は塾に通う時間帯も前より12時間ほど後になり、

その日は夕飯の時間も少し遅くなることでしょう。

生活の変化が少しだけ変わったようでも、

小さな子どもたちにとっては大きいことかもしれません。

塾では、一日の疲れが出やすい時間帯。

でも・・・眠くなった子も、目をこすり、

一生懸命机に向かってくれています。

中には、お腹がすかないように、小さなお弁当を持ってきて、

「先生!見てみて~!」と嬉しそうに見せてくれる子も(^^)

お家の方の工夫、子どもたちのがんばりを感じ、

それにしっかり応えていきたいなと思います。

 

幼児クラスでも、年齢が上がってのお勉強、

新しくサンライズへ入ってのお勉強で、

気持ち新たにはりきっています!

 

新しい学年での自信や期待、新しい環境への興味で、

年中さんも年長さんも色々なお話をしてくれます。

 

何気ないいつもの生活、遊びのこと、不思議に思ったこと、

自分で想像(創造)してみたこと・・・。

 

授業の中で、子どもたちが発信した言葉は一つひとつが大切です。

それが様々な考える力につながっていくからです。

 

そして、その言葉から、もう1歩進んで

考えるチャンスができるように語りかけます。

 

色々な言葉や話し方があることを知ること、

想像(創造)し探りながら考えること、当たり前のようですが、

日々の見えにくい経験の積み重ねも、心を豊かにし、

色々な能力につながっていくように感じます。

 

いざという時に、経験がない上、“こう考えよう“と言われても、

その受け皿には限界があります。

そして、考える気持ちを持とうと思わなければ、

なかなか先に進んでいきません。

 

そのような素地を広く厚く作っていきやすい

幼児期の経験は大切だと思います。

 

塾の中ではどうしても関わりが限られていますが、

お勉強をしながら、言葉のやりとりを大切に

考えていきたいと思います。(^^)



面談のご予約・資料請求・お問い合わせは
↓からお願い致します。
予約専用フォームへ

進学塾サンライズHPへ


ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

コメントを残す