見える化

こんにちは。低学年担当の小川です。

 

題名の言葉、時々、耳にすることはありませんか?

 

いわゆる「可視化」ですよね。

 

状況や問題点などを、普段から「見える」ようにしておくことで、

「気づき」やすい状態にすることです。

こうすることで、その問題を「考え」、解決するために「行動」し、

その結果を「判断」し、次に生かす。

そして、新しい問題が再び「見えて」くる・・・。

「見える化」と、一言で表していても、

たくさんの行動が含まれていますね。

 

子どもたちにとっても、「見える化」は大切になってきます。

わたしが、毎回子どもたちにしている「見える化」は、

“宿題の量を把握させ、いつ・どこまでするかを計画させること”です。

 

「To Do リスト」を、もっと具体的に書かせているのです。

学校や習い事でもらってくる宿題、

特に週末や夏休みなどの長期休暇の宿題は、

管理できない子だと、だらだらと後回しにしてしまい、

休みが終わる直前に慌てて宿題をこなしてしまうということに

なりかねません・・・。

そんなことにならないためにも、宿題をもらったら直ぐに、

「見える化」するのです。

 

一見面倒なようですが、やってみると親も子も、

計画が立ちやすく楽に宿題がこなせるようになりますよ!

「見える化」=「目で見える管理」をすることで、

 

・いつまでに、どの教科を、どこまでしないといけないのか。

・今日は、何をするべきなのか。

・計画通りにいかなかった場合、どのように修正していくべきか。

・どうすれば、計画通りに進めるのか。

・そもそも、自分が立てた計画に無理は無かったのか。

 

などなど・・・考えることはたくさん出てきますよね。

こうやって、宿題を計画通りに進めるための作業にも、

多くのことを学べるチャンスも出てきます。

 

これは低学年から身につけられるようになると、

この先の強みにもなりますよね!!

 

簡単なようで難しい「見える化」。

ぜひ、“親子で”挑戦してみてくださいね。

お子さんに任せっきりでは、ダメですよ。



面談のご予約・資料請求・お問い合わせは
↓からお願い致します。
予約専用フォームへ

進学塾サンライズHPへ


ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

コメントを残す