考える力②

こんにちは。低学年担当の小川です。

 

思考力をつけるためにわが家が取り組んでいること、

前回は「断捨離」についてお話をしましたね。

 

今回は、第2弾です。

2つ目の取り組みは、「買い物中の会話」です。

 

例えば、お子様と買い物に行って“苺”を買うとしましょう。

先週は500円で売られていた苺が、今日は、300円だったとします。

 

<思考力0の会話>

母:「今日の苺は安いね」

子:「ほんとだね…」

⇒な~にも考えていない会話ですよね(笑)。

 

<思考力のある会話>

母:「今日の苺は安いね。どうしてかな?」

子:「たくさん苺が採れたんじゃないの?」

母:「どうしてたくさん採れたんだろう?」

子:「春になったからかな…、この前いちご狩りも行ったよね!」

⇒なぜ苺が安くなっているのか、自分の経験から考えていますよね。

(思考力40)

母:「でも、どうしてたくさん採れたら安く売るの?

そのままの値段でも良いと思わない?」

子:「たくさんあるから、たくさん買ってもらわないと!

残っちゃうと腐って勿体ないでしょ。」

⇒安く売らないといけない理由が子どもなりに考えられていますね。

(思考力80)

こんな話が低学年でも出来てくると、

思考力はだんだんとついていきます。

いろいろなことに、

「なぜ?」

「どうして?」

と思うような子になれば、

こちらからお題を与えなくても一人でたくさんのことを考え、

調べてくれるようになります。

 

このように、何気ない会話でも、

どうしてそのように考えるのかを深く追求し、

答えのないものを考えさせてあげる習慣をつけてあげてください。

 

「一緒に買い物に行く」と、会話の広がりによっては

思考力アップの絶好の機会があちらこちらにありますよ!

 

親子の会話が深まり思考力もついてくる。

単なる買い物ではなくなりますね。

 

ぜひ、皆さんもチャレンジしてみてください。

お子様によって、いろいろな言葉が返ってくるので面白いですよ。

お母さんの思考力も問われますよ…(笑)



面談のご予約・資料請求・お問い合わせは
↓からお願い致します。
予約専用フォームへ

進学塾サンライズHPへ


ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

コメントを残す