経験

こんにちは。低学年担当の小川です。

 

今は、物が豊かになり、インターネットの環境があれば、

調べものも直ぐに終わり、欲しいものがあれば、「ポチ」っとすれば、

外に出なくても何でも手に入る時代ですよね。

 

今の時代を生きる子どもたちは、

私たちが子どもだった頃に比べるといろんな物を持っていて、

羨ましいと思うこともあります(笑)

 

そんな子たち(小2)が、国語で「詩」の読解をしました。

稲刈りの風景を描いたものです。

 

「稲穂って実るとどんな風になっているの?」

「たわわに実るってどんな様子?」

「コンバインって何か分かる?」

「稲刈りしたら、すぐ、お米として食べられるの?」

 

このような問いに、答えられる子は少なかったです。

 

私たちが、当たり前に見てきた「田舎の風景」は、

今の時代の子たちにとっては特別な風景なのかもしれません。

 

私たちが、意識してあげなければ、見ることも、実際に触ることも、

大きさやにおいを感じることもできないこともあるのです。

 

そう考えると、私たちが子どもだった頃の方が

豊かだったようにも思いますね。

 

辞書を引くだけでは分からないこともたくさんあります。

 

ぜひ、いろいろな「もの」を見せてあげてください。

「わぁ~!」という、感動を与えてあげてください。

 

その、経験は無駄ではなく、知識として役立つ時が必ず来ますから!

そして、その感動を「言葉にする」こともさせてみてくださいね。

 

「自分の思いを言葉にする」ことは、

子どもたちにとっては難しいこともあるようですよ・・・。

 

「すごい!」の一言で表すのではなく、

何がどう「すごい」のかを話せるように、

まずはしてあげてくださいね。



面談のご予約・資料請求・お問い合わせは
↓からお願い致します。
予約専用フォームへ

進学塾サンライズHPへ


ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

コメントを残す