応用問題=難しい?

「朝日高校に合格するためには、

応用問題を解けなければダメだ!」

確かに、解けるようになる必要があります。

 

 

「朝日高校に合格するためには、

応用問題を解きまくればいいんだ!」

うーん・・・。

全員がそうだとは限りませんよね。

「レベルの高い高校を目指すには、

レベルの高い問題を解けばよい」

と単純に思っている人が多いようです。

 

確かに、入試問題は難しいので、

対策として難問にトライすることは間違っていないのですが、

応用問題以前に、基本的な問題が解けない人が、

応用問題を解いても、効果はありません。

 

応用問題とは、基本的な事柄・知識を『応用』して解く問題です。

方程式を解くことは、基本的なことですが、

その方程式を応用して解く問題は、全て応用問題です。

少なくとも私はそう考えています。

ですから、簡単な応用問題もあるわけです。

 

ところが、方程式は解けても、簡単な応用問題が解けない子もいます。

そういう子に限って、基本的なことを聞いても答えられない。

応用をやる前に、まずは基本を固めることです。

「難しくてよくわからないな」と感じたら、

基本に立ち戻れる勉強ができるようになって欲しいですね。



面談のご予約・お問い合わせは
↓からお願い致します。
予約専用フォームへ

進学塾サンライズHPへ


ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

コメントを残す