応用問題攻略への道

前回、応用問題を解くためには、基本が不可欠だとお話しました。

では、基本が分かっているだけで、

応用問題がスラスラ解けるのかというと、そうではありません。

確かに、基本がわからない状態では、応用はできませんが、

基本の使い方がわからない状態で応用できる子は、

地頭の良い子に限られるでしょう。

 

普通の子が、応用問題を解けるようにするには、

パターンをいくつか習得することです。

応用問題といっても、易しいものから難しいものまで、

レベルは様々です。

 

おおまかに、基本問題、標準問題、応用問題と

3段階あるとしましょう。

基本問題や標準問題をすっ飛ばして、

いきなり応用問題をやるのではなく、

着実に基本、標準と解けるようになってから、

徐々に段階を上げていくべきです。

 

基本問題の正答率が60%なのに、

応用問題の正答率が50%以上という結果を

たまに見かけますが、

大抵の場合、成績が下がっていきます。

逆に、基本問題の正答率が100%で、

応用問題がほとんど解けていなくても、

そのほうが今後成績を伸ばしていく可能性が、

十分にあります。

 

難しい問題ができないと、どうしても焦ってしまいがちですが、

そういうときこそ、基本から着実に解いていくことを

忘れないで欲しいです。



面談のご予約・お問い合わせは
↓からお願い致します。
予約専用フォームへ

進学塾サンライズHPへ


ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

コメントを残す