小さな目標

自分から進んで勉強する子に育てるには、

達成感を感じさせてあげることが重要だと考えています。

そもそも達成感とは、夢や目標がなければ味わうことはできません。

様々な課題や苦労を乗り越えて初めて、達成感は得られるのです。

夢や目標があるからこそ、人は苦労も辛抱できるのです。

逆に言えば、夢や目標なしに、子どもは頑張ることができないのです。

ただし、いきなり「夢や目標を持って勉強に取り組め」

と言ってみたところで、できる子は、まずいません。

ですから、達成感を感じさせることで、

「やればできるんだ」という感覚を、たくさん経験させてあげるのです。

たとえば、「これから勉強を頑張る」というような

抽象的な目標を持つのではなく、

「算数のドリルを1日1ページやる」

「1週間で漢字20個覚える」

というように、達成したことがわかる目標を持つとよいでしょう。

目標を明確にすると、子どもが取り組みやすいのです。

また、目に見える行動ですから、

子どもがやっているのを見かけたら親も、

「偉いねえ」と褒めてあげやすいはずです。

「ほめられるからうれしい」=「もっとがんばろう」

というサイクルができれば、子どもはドンドン意欲的になります。



面談のご予約・お問い合わせは
↓からお願い致します。
予約専用フォームへ

進学塾サンライズHPへ


ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

コメントを残す