学問を必ず自分のものにせよ

タイトルは、「日本の製紙王」と言われた藤原銀次郎の

「愉快に働く法十カ条」の第一条『仕事を必ず自分のものにせよ』

という言葉をもじったものです。

要約すると、「会社のため、上司のためと思うから、

仕事がおもしろくない。苦役と感じられる。

人に指示されてやっているうちは、仕事は苦役である。

しかし自分から仕事を探して、自分から進んで取り組めば

『仕事は自分のもの』になる。」というような意味になります。

これは、勉強に対しても当てはまるのではないでしょうか。

学生の仕事は勉強です。

「仕事」を「勉強」と置き換えてみてください。

親のため、先生のためではなく、自分のために学問を学ぶ。

自分のものにしなければ愉快には勉強できないし、熱心にもなれない。

そうなると当然、能率も上がりません。

わかりましたか?

では・・・学問を必ず自分のものにせよ!



面談のご予約・お問い合わせは
↓からお願い致します。
予約専用フォームへ

進学塾サンライズHPへ


ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

コメントを残す