パズルの力

こんにちは。低学年担当の小川です。

 

幼児・低学年では、授業の中に、

色板パズルや積み木を取り入れています。

 

「そんなものやっていて、算数の力が身につくの?」

「それって、遊びの中の一つでしょ!?」

 

と思っている方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そんなことは、全くありません!!

 

紙(プリントやテキスト)では味わえない、

両手を使ったトレーニングは、

空間認識力・発想転換力・問題把握力などの

数学的センスを養ってくれます。

 

高学年になって展開図や見取り図・立体図形・面積や体積などの

図形の学習でつまずかないようにするには、

小さいうちから図形と「なかよく」なっておくと良いですよね。

 

パズルや積み木などの教具を使い、手を動かし、

試行錯誤しながら、問題を解いていくうちに、

数学的センスを自然と身につけようとしているのが、

サンライズの授業の一つです。

 

数学的センスは、低学年ほど身につきやすいですよ!

 

そして、時間がかかっても、

「自分の力でやり抜く楽しさ」

を体感し、

「あきらめない心」

も養ってくれるのもパズルの大きな力です。

 

どんなことをしているのか・・・。

気になった方はぜひ一度体験にいらしてくださいね。



面談のご予約・資料請求・お問い合わせは
↓からお願い致します。
予約専用フォームへ

進学塾サンライズHPへ


ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

コメントを残す