【Q&A】いくら勉強しても、国語の読解問題が苦手な人へ

Q.小6「国語の読解問題が出来るようになるには、ひたすら問題を解いたらよいのですか?」

A.結論から言うと、答えはノーです。

国語の読解問題が苦手な人は多いと思います。

その中でも、演習はたくさんこなしているのに、なかなか結果に表れなかったり、苦手意識がなくならない人もいるでしょう。

おそらく、この質問をしてくれた子は、問題を沢山解いていても、「出来る気がしない」状態なのかと推察します。

まず、国語の読解問題とは何を問うために出題しているのかを

考察することから始めましょう。

国語の読解問題は、文章を読ませ、

客観的な視点から文意に即して選択肢を選ばせる、

もしくは説明記述を行わせる、という形で作成されます。

つまり国語の読解問題は「正確な読解」を要求しているのです。

けれども、これを意識できている人は非常に少ないんですよね。

(昔に比べて、それを意識した指導ができる先生が増えたので、現在は、多少は増えたと思いますが、まだまだ知らない人は多いです。)

客観性をもった読解が出来るようになるには、

「文章構造把握の基本を身につけること」と

「基礎概念を知っていること」が必要なのです。

難しい言い方をしたかもしれませんが、小中学生にわかりやすく伝えるならば、

・国語には、「解き方のルール」があり、それに従って解けば、解けるということ。

・漢字や言葉の意味を正しく理解していること(語彙力)。

でしょうか。

問題をいくら解いても出来ないのは、

上のようなことがきちんとできていないからです。

漢字を覚えたり、言葉の意味を知ることは、時間がかかるでしょう。

毎日、10~15分でいいですから、続けることが大切です。

読解のルールも、算数での計算の公式を覚えるように、

問題を解きながら覚えていくのがよいでしょう。

問題の解き方の順は、

①設問に目を通す

②本文を読む(漢字問題は本文を読みながら解く)

③設問を解く

の流れでやりましょう。

当然、本文の適切な箇所に、

棒線や丸印などのチェックを入れていくのを忘れずに。



面談のご予約・お問い合わせは
↓からお願い致します。
予約専用フォームへ

進学塾サンライズHPへ


ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてください。
毎日記事を書く励みになります(^O^)/
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
にほんブログ村

コメントを残す