お待たせしました。新年度体験授業受付中です。体験授業は2月~。入塾テストは3月7日です。

岡山朝日高校合格への道(5)内申点・面接・調査書編

「朝日高校合格への道」

 

今回は、岡山朝日高校の入試システムについて。

 

「朝日高校は内申点が関係ない」

 

という噂を耳にすることがある。

 

これは、全くのデマなので、信用しないこと。

 

岡山朝日高校の合否を決定する要素は、

 

① 内申点(調査書の評定)

 

② 筆記試験

 

③ 面接

 

④ 調査書のその他の項目(活動成果及び興味・関心の状況)

 

の4つである。

 

① 内申点

 

まずは内申点について。

 

朝日高校を含め岡山県の公立高校では、

 

中1(3学期)、中2(3学期)、中3(3学期)の学校成績(評定)

 

を評定換算点(内申点)として採用している。

 

各学期で評定が出ているが、

 

3学期の評定が、各学年の総合評定となる。

 

中1、中2は9教科の評定をそのまま足し算し、

 

中3は5教科(英数国理社)の合計評定を2倍、

 

4教科(音美保技家)の合計評定を3倍する。

 

全てオール5だとすると、

 

中1 5×9科目=45点

 

中2 5×9科目=45点

 

中3 5×5科目×2=50点 5×4科目×3=60点

 

合計 200点

 

が内申点となる。

 

内申点200点は、無視できる点数ではないだろう。

 

学力検査の点数と内申点の相関図にて、

 

基準ラインに達している人は合格となる。

 

だから、学力検査がそこそこできている人でも、

 

内申点が悪い人はその枠から外れる可能性もある。

 

と言われても、合格基準がどのくらいなのか、

 

よくわからない人が多いと思うので、

 

以下に目安を示す。

 

◆内申点181点以上

 

各学年で、45点(オール5の場合)のうち40点以上の人だろう。

 

このグループの人たちは、学力検査がボーダー点あるいは多少低くても合格の可能性が高い。

 

サンライズでは、内申点が180点以上の子は全員合格している。

 

学力的に多少足りないと思っても、

 

内申点が高い子はチャレンジできる。

 

◆内申点170点~180点

 

各学年で9教科合計38点くらいの人になるだろう。

 

合格の可能性はまずまずあるが、

 

筆記試験では緊張のあまり、いつもの力が出せない人もいる。

 

苦手教科はその傾向が強いので、

 

事前に十分な対策をしておこう。

 

◆内申点160点~169点

 

このあたりから、かなり厳しくなってくる。

 

各学年で9教科合計36点くらいの人だろう。

 

オール4の人はこのグループだ。

 

筆記試験の得点で巻き返しを図る必要がある。

 

私のイメージだが、このあたりの内申点の人は、

 

正直学校の勉強を舐めている人が多い。

 

朝日高校に入学できたとしても、勉強でかなり苦労する。

 

授業中は先生の話をよく聞いて、

 

提出物は期限までに必ず提出すること。

 

当たり前のことなのだが・・・(笑)

 

◆内申点159点以下

 

実際、このくらいの内申点で合格している人はいる。

 

しかし、学力が非常に高い人でなければ、

 

受験校を考え直した方がよいかも。

 

模試で合格圏内に入っていても不合格になる年もある。

 

 

② 筆記試験

 

次に、筆記試験のシステムについて。

 

対策等は既に述べたが、その中で、

 

理科社会の平均点の推移を挙げた。

 

岡山朝日高校合格への道(4)理科・社会編

 

この中では、平均点は100点満点での点数だったのだが、

 

実際は違う。

 

実際は、各教科70点×5教科=350点満点となる。

 

内申点が200点なので、合計すると550点満点だ。

 

割合でいうと

 

筆記:内申=7:4

 

内申点も無視できない。

 

さて、合格するためにはどのくらいの点数が必要なのだろう?

 

結論からいうと、5教科の平均が7割あれば

 

合格の可能性が高い。

 

6割でも合格している人がいるが、

 

それは内申点が高い人だ。

 

5教科の合計で7割だから、

 

どの教科も7割、でなくてよい。

 

国数英は独自入試で難易度が高いが、

 

理社は比較的高得点が取りやすい。

 

だから、理社で9割(悪くても8割)をとり、

 

国数英で5~7割取るつもりで考えるとよいだろう。

 

5~7割というのは、幅が広いが、

 

例えば、どうしても苦手な科目があって、

 

半分くらいしか解けない場合、

 

他の教科でカバーすればよいということだ。

 

但し、内申点が非常に悪い人は、

 

これくらいでは足らないかもしれない。

 

倍率が高い場合、かなり厳しい。

 

高得点が取れればよいのだが、

 

それも難しいとなると諦めざるを得なくなる。

 

だから、決して内申点を軽く見ることのないようにして欲しい!

 

 

③ 面接

 

3つ目は、入試における面接について。

 

面接は得点化されないから対策など不要だと思っていないだろうか?

 

確かに、面接が加点されるわけではないが、

 

ボーダーライン上にある人にとっては、

 

合否を決める一つの要素になってくる。

 

また、あなたにとって、一度しかない大切な入試で

 

“手を抜く”勇気はないだろう。

 

では、面接の対策として何をすればよいのか、

 

いつからすればよいのかということだが、

 

面接対策にはさほど時間をかけなくても大丈夫。

 

面接で質問されることは大体決まっている。

 

特に朝日高校は質問内容が例年ほとんど変わらない。

 

サンライズでは、1日目の筆記試験が終わった後に

 

初めて面接対策をする。

 

面接対策は、面接日の前日のみ、ということである。

 

なぜなら、それでもきちんと対策できるから。

 

質問は全部で4つ。

 

まず、必ず質問されるのは、

 

・受験番号と氏名

 

・志望動機

 

これさえも答えられないと困る。

 

★受験番号と氏名

 

客観的な事柄について面接官の目を見て、

 

大きな声でハキハキ答えられるかを見ている。

 

★志望動機

 

きちんと高校を調べて理解したうえで志望しているか、

 

を面接官は聞きたい。

 

志願理由とも言う。

 

残り2つは、毎年異なるが、例えば、

 

・将来、社会にどのように貢献したいか。

 

など、将来についての質問が出ることが多い。

 

高校入学後も、将来のことである。

 

挙手で答える質問もある。

 

事前に対策してあれば、すぐに答えることができるだろうから、

 

すぐに挙手をして、できるだけ1番に答えよう。

 

積極性をアピールできる。

 

堂々と自分の考えを言おう!

 

 

④ 調査書のその他の項目

 

最後は、調査書について。

 

合否に関わる要素の4つ目には「調査書」がある。

 

調査書には、内申点に関わる評定も記入されるが、

 

それ以外にも、

 

① 第3学年での観点別学習状況の評価

 

② 総合的な学習の時間の記録

 

③ 特別活動の記録

 

④ 出欠の記録

 

⑤ 行動の記録

 

⑥ 新体力テストの記録

 

⑦ 総合所見及び参考となる事項

 

が記入される。

 

それぞれが入試に大きく関わる訳ではないが、

 

いわゆるボーダーライン上にある生徒で、

 

筆記試験の点数や内申点だけでは合否が決められない場合に

 

参考とされるのだ。

 

① 第3学年での観点別学習状況の評価

 

通知表にも書かれている項目で、

 

教科毎に4(国語のみ5)項目に分かれ、

 

ABCなどで評価されているところのことです。

 

定期考査の結果、授業態度、提出物の状況などで

 

評価が決まる。

 

ただし、3年生のみの結果が反映される。

 

② 総合的な学習の時間の記録

 

「総合的な学習の時間」とは、

 

各学年で行った「学習活動」やその評価についてである。

 

ここがマイナスになるようなことを書かれる人はいないだろう。

 

あまり差をつけることはできないと思う。

 

③ 特別活動の記録

 

各学年での「学級活動」「生徒会活動」「学校行事」「委員会」

 

で、どこに所属していたか、役割は何かを記録される。

 

班長、委員長、生徒会長など・・・色々な特別活動を多くやっていると、

 

この項目に沢山書いてもらえる。

 

学校行事でも、実行委員に所属した場合、

 

更には実行委員長になると書かれる。

 

④ 出欠の記録

 

これは、非常に大切だ。

 

欠席の多い人は特に注意が必要である。

 

入学後も通えるのかどうかを見られる。

 

「主な欠席理由」も書かれる。

 

欠席日数が非常に多い事情がある場合は、

 

その理由を報告する必要がある。

 

⑤ 行動の記録

 

よく通知表でも見る項目だ。

 

「自主・自律」や「責任感」、「思いやり」など・・・。

 

全てに○がある人は見たことがないので、

 

特に目立つ行動に対してのみだろう。

 

どこに○があれば有利、といったことはない。

 

しいていえば、朝日高校なら「自主・自律」だろうか?

 

 

⑥は・・・特に気にする必要はない。

 

⑦ 総合所見及び参考となる事項

 

実はかなり重要。

 

上記の項目以外に活躍したこと、

 

例えば部活動などで賞を獲ったといったことが書ける。

 

検定の級もここに書ける。

 

アピールできることがあるなら、先生に伝えて記入してもらおう。

 

ちなみに、朝日高校なら英検3級はアピールにならない。

 

英検なら準2級以上、できれば2級欲しい。

 

漢字検定も準2、2級。

 

部活動の活躍も、県ベスト8以上でないとアピールにならない。

 

ちょっと上手、くらいでは厳しいと言う事だ。

 

定員の10%は、この項目と面接の結果を重視して、

 

合否が決定するため、無視できない。

 

 

 

以上で「朝日高校合格への道」シリーズは終了である。

 

これまで、朝日高校を受験する人のためのアドバイスを書いたが、

 

少しでもあなたの参考になればと思う。

 

内申点を上げることはできないが、

 

筆記試験の点数を上げたいという人には、

 

お手伝いできるだろう。

 

では、受験勉強頑張って!!

今より満足できる授業を体験してみませんか?

『朝日高校上位合格への第一歩!』

サンライズでは、授業に納得してから入塾できるように無料体験授業を用意しています。

体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

まずは、面談にてお悩みや塾に関する疑問点を解消しましょう。

面談のご予約・お問い合わせページへ

最新情報をチェックしよう!
>知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

知識を伝える授業よりも原理原則を伝える授業

岡山から世界に通用する人材を!

校内で1位、県内で1位では満足できない子供たちの集団『サンライズ』の魅力は授業にあります。現状で満足できない、勉強に飢えているあなたのために、無料体験授業を用意しました。体験授業に参加すれば、授業の様子はもちろん、塾の方針や勉強法、単元の学習ポイントなどがわかります。

CTR IMG