思考力を養う数学授業の感想

算数・数学 指導の様子

中1数学の思考力を養う授業にての

生徒の感想です。

単元は、「正負の数」です。※中1なので、幼い表現であるのはご了承ください。

また、感想をそのまま書いているため、

問題を解いた人にしかわからない表現があると思います。

 

 

『イコールで結ばれた式をつくるには、

数字をどのように組み合わせたりするのかを考えるので、

パズルのようで面白かった

組み合わせるといっても、

前の3つの数字を組み合わせてから

最後に割るとか、結合して相殺するとか、

様々な計算をパターン化するなどして、

頭をフル回転して使わないと解けないのが深くて面白かった。』

 

『答えから式を導き出すには、

様々な数字の関係を考えなければいけなかったため、

とても頭を使った。

しかし、「4で割る」といった、

符号でまとめられるなどのきちんとした規則性もあったので、

次にこのような問題が出た時は、

何か使える符号、数字はないかを見つけられるようにしたい。

また、1つの考えにとらわれ過ぎないのが、

この問題のコツだと思った。』

 

『+、-、×、÷、( )、指数などたくさんの記号が使える中で、

あまり多くは書けなかった。

たくさん問題を解いていく中で、

記号の意味もきちんと理解しないといけないとわかった。』

 

『どうやったらその数になるのかを

色々なパターンに当てはめて解くのが難しかった。

みんなたくさん解いていて、頭が良いと思った。

正負の計算の練習にもなって良かった。』

 

『前から順に解くよりも、分からないところは飛ばして、

先に進んで行ってから、もう一度戻って考えると解くことが出来た

1つの数字を表すのに、

4つの数字と記号だけで作れることに驚いた。』

 

今日も色々な気付きがあったようですね。

このような授業を体験してみたい方は、

HPからお問い合わせ頂くか、お電話にてお申込下さい。

12月8日まで受付中です。

関連記事